C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

【TV番組】NEWS ZERO、Going! Sports & News/スノーボードW杯・ニュージーランド大会

今回2度目のスノーボード@ニュージーランド取材でした。

4年前にもCPさんにお世話になり、その時もとても丁寧で迅速な対応をして頂きましたので、もちろん今回も再びお願いすることになりました。
度重なるスケジュール変更にも関わらず、忍耐強く対応して頂きとても感謝しています。

担当のコーディネーターさんとはお互いの子供の話や家族の話、ラグビーの話など、普段からざっくばらんにお話しができて、あっという間に1週間が過ぎてしまいました。また仕事の面でも緊急のロケ場所の対応や、大会運営側とのやりとりなど、本当に細やかで丁寧な仕事で対応して頂きました。ありがとうございました。

1週間と短かったですが、今回もとても楽しく充実したロケでした!

 

『NEWS ZERO、Going! Sports & News/スノーボードW杯・ニュージーランド大会』実績紹介ページ

ディレクター 神尾様

【TV番組】アイ・アム・冒険少年/リアルモンスター少年

アイカム・フローム・ジャパン!
キャイ〜ンのウド鈴木でございます!

私は、CPインターナショナルさんの設立と同じ、1989年に芸能界に入りましたので、勝手に同期の仲間と思っている、オトボケおじさんでございます!

CPインターナショナルさんには、昔も今もオーストラリアの番組ロケで大変お世話になっております!
スタッフの方々に、いつも優しく!楽しく!清々しく!接して頂いて、いつの間にか元気モリモリになっている自分がいます!

そして、ロケの進行がスムーズで、臨機応変に対応して下さり、現地の美味しいフードから、街の歴史と風土まで、楽しく教わり、堪能させて頂き、とてもありがたかったです!
この場をお借りして、心より厚く御礼申し上げます!


CPインターナショナルさんの「CP」という意味は、「クリエイティブ・パートナー」だそうですが、まさに、ロケの一体感は「ベスト・クリエイティブ・パートナー」でございました!

もし、CPの意味を私なりにもう1つ解釈させて頂きますと、「超人パワ〜」だと思います!仕事に対する姿勢に、不可能を可能にするような情熱と努力と慈しみを感じたからでございます!

是非、またこれからもCPインターナショナルさんにお世話になりたいです!
そのために、私もほのぼのがんばる所存でございます!

これからもCPインターナショナルさんの益々のご多幸ご健勝を祈念致しまして、乾杯〜〜〜‼
誠にありがとうございました!

キャイ〜ン ウド鈴木様

【TV番組】鶴瓶の家族に乾杯/海外スペシャル▽オーストラリア・メルボルン

ロケ本番。当日起こる様々なアクシデントに見事に対応
取材中。調べる必要があることが発生すれば、本社の別社員の方が素早く取材
持って来てくれる資料。僕らが制作していったものよりはるかに緻密

こんな丁寧で組織だったコーディネーターチームがあるんだと心から感動しました。

ヨーロッパや南米でロケする時もやっていただけないでしょうか?お願いいたします。

『鶴瓶の家族に乾杯/海外スペシャル▽オーストラリア・メルボルン』実績紹介ページ

H様

【TV番組】 たけい荘Z~壮だったのか!スポーツの極意~

日本人初の9秒台!そんな世紀の目撃者になるべく滞在時間わずか14時間、そんな突貫ロケに付き合っていただき感謝です。

直前まで調整していただいたおかげで、なんのストレスもなく、ロケを終えることができました。ありがとう!

今度は、もう少し余裕があるロケでご一緒できればと思います。

たけい荘Z~壮だったのか!スポーツの極意~:実績紹介ページ

名古屋東通企画 樋口様

【CM】セイコーホールディング株式会社 企業CM/「ただの数字じゃない。Dreamers」篇

撮影に関しての綿密なスケジューリングとアレンジ、朝食等のご手配やオプショナルツアーの気配り、夕食のアレンジ等、日本人ならではのきめ細かいサービスが非常にありがたかったです。

K様

初めてのオーストラリアロケで、撮影決定から出発までの時間もタイトな中、ロケーション選定・現地スタッフィングまで丁寧に迅速にご対応頂き、本当に助かりました。人柄も素敵な方ばかりで、最高の撮影になりました。

太陽企画 プロデューサー 細川様

【TV番組】ザ!世界仰天ニュース/仰天探検隊 クリスマス島へ行ってみた

カニの大移動を狙うという対自然のロケでしたが・・・・・撮れ高バッチリでした!!!

有名なロケ地なので多くの外国テレビクルーもいましたが、CPさんの行動力と機転のよさで、私たち日本クルーしか撮れていない映像が多くあると思います!

オフの時間も充実した時間が過ごせて、とても楽しいロケとなりました!

またオーストラリアに行きたいっ!!!
今後ともよろしくお願いいたします!

 

厨子王 三枝賢史様

【PV】 『家族の絆はゴールド』キャンペーン

この度本当にありがとうございました!
影山さんと一緒に撮影に臨めたこと、本当に嬉しくおもいます。

影山さんと一緒でなかったら今回のような素晴らしい結果にはなっていなかったと思います! 本当にありがとうございました!

本当に最終日嬉しさと感謝と寂しさで感極まってしまいました。
どうぞ、引き続きよろしくお願いいたします!

株式会社ナガイホシ 上田樹英様

【TV番組】両親に贈りたい旅

CPさんには、度重なる予定変更にも関わらず、忍耐強く対応してくれて感謝しています。
人柄もすごく良くてロケが明るくなりました。

オフ時の食事や休憩も、ケアンズ在住の日本語ができるドライバーさんがいてくれたおかげで大変助かりました。

ホリプロ ディレクター 荒木俊雅様

【PV】Canon EOS 80D PV

短期間に、様々なシーンを詰め込むという、強行スケジュールにもかかわらず、分単位の細やかな香盤表のお陰で、無事に撮影を終えることが出来ました。

すべてお任せでお願いした、モデル、現地スタッフのコーディネート、ロケ場所の選定、申請手配、食事のコーディネートまで。完璧でした。

またオーストラリアで撮影できるような企画を考えたいと思います。
その際は、是非お願いいたします

ディレクター 藤田様 

【TV番組】所さんのニッポンの出番/ZOKKON♥ジャパン、なんで日本語しゃべれるんですか?

日本を出国する直前までスケジュールを調整し、オーストラリアに到着してからもロケ場所を探していただき、かなりバタバタなスケジュールの中、臨機応変に動いてくださいました。

日本のリサーチャーに聞いても出てこなかった情報が、CPインターナショナルのみなさんからスルスルと上がってきて、素敵な取材対象者との出会いも叶いました。

大変感謝しております。ありがとうございました!

ジャンプコーポレーション 山田様

【TV番組】池上彰スペシャル /絶対に負けられない2016!世界と闘う日本

丁寧な見やすいロケスケジュール、現地の資料などがまとめられたファイルを渡された時は、感動しました。

長期ロケでしたが、とても楽しい充実したロケになりました!

ディレクター 多田美保様

【PV】あきんどスシロー/すしパンダが行く!

オーストラリアは初めての海外出張だったけど、いいところヤン!

マグロはもちろん、牡蠣やワイン、羊や牛肉も美味しかったヤン!!! 

また行くヤン!

すしパンダ様

【TV番組】長谷川博己が探る!地下に住む人々の不思議な世界

南オーストラリア州のクーバーピディにロケに行ってきました。

気温50℃を越える、灼熱の砂漠地帯で、とても過酷な環境の中、俳優の長谷川さん含め、スタッフ一同、坂本コーディネーターには本当に助けられました。

日程的にも全部撮りきれるかわからないハードスケジュールを何一つ撮りこぼすことなく、円滑にロケを行えたことはコーディネーターさんの緻密な努力(取材相手とのこまめな連絡、信頼作りなど)の賜物だと思います。とても感謝しています。

今後ともオーストラリアでは是非楽しい仕事をしたいです。

オルタスジャパン ディレクター 今野利彦様

【TV番組】世界!といえば研究所

オーストラリア国内での忍者教室取材でお世話になりました。

リサーチ担当の方の迅速ぶりと情報量の高さに非常に助けられました。

こちらとしてはたった一人での取材だったにも関わらず、スケジュール調整なども含め 全ての作業を完璧にこなしていただき、感激いたしました。現地コーディネーターさんとは同じ歳だったということもあり、意気投合し とても充実した取材期間を過ごすことができました。

オーストラリアをはじめ、ニュージーランド方面へもお仕事されているということなので、 今後また機会がありましたら是非お声掛けさせていただきます。 今回は本当にありがとうございました。 

TSSプロダクション 田中弘一様

【TV番組】世界ふしぎ発見!/グレート・バリア・リーフ 未知なる海に潜む謎を追え!

リサーチ期間、レスポンスをとても迅速に頂けたので、準備がスムーズに進みました。ロケ中はお水や備品(日焼け止めや虫除け等)の細やかなケアが行き届いていて、安心してロケを進めることが出来ました。

スケジュールや地図等もとてもわかりやすく丁寧に作って頂き、私が言うのもおかしい話ですが、御社コーディネートのロケはADいらず・・!と思いました(笑)

テレビマンユニオン 原口花琳様

【グラフィック】某パンフレット

3日間のロケのうち、2日間が雨予報だった今回のロケ。
せっかくのゴールドコーストなのにどうしよう!!!巷では年間300日は晴れ、って言われとったやん!!!…と心配しておりましたが、結果なんと3日間とも晴れ、素晴らしいシチュエーションでの撮影となりました。

CPのスタッフさんをはじめ、日本スタッフもみな東海地区出身ということで地元トークも炸裂、海外にいることを忘れてしまうような、アットホームな雰囲気で進めることができました。

何より基本現場対応で、という中、CPスタッフの臨機応変かつフレンドリーな対応には本当に助けられました。

オーストラリアのいいところと、日本のスタッフのいいところと両方を味わいつくすロケとなりました。

また、絶対戻ってきます(笑)
その時もぜひ、宜しくお願い致しますね!

H社 I様

【グラフィック】情報誌 VISA (2015 DEC)

ウルル取材では、言葉に尽くせぬほどお世話になりました。

取材開始まで、本当に、本当に、いやホントーに期日のないなか、国立公園への申請許可から各所調整まで、山積する難題に対し、早く、粘り強く尽力いただきました。

現場での対応も臨機応変で、不明点の確認もスマホでピピッっと迅速でした。

東京オフィスもあり、顔を合わせてのコミュニケーションが取れるのも心強く感じます
(電話やメールでは分からない微妙なニュアンスも伝わりますし、安心感、現地とのタイムラグなし など)。

CPスタッフの皆様、あらためて感謝申し上げます。また、次の機会もどうぞよろしくお願いします。ウルルでの星空は本当に美しかった。いやホントーに。

ライター K様

【CM】東京建物/Brillia

今回TVCM撮影でお世話になりました。
わたし個人としては初めての海外撮影だったこともあり、分からないことが多くありましたが細かく対応していただき感謝しております。

出国前にはスカイプで打ち合わせをさせていただき、顔が見えるという安心感でぐっと不安がなくなりました。

現地では、過酷なスケジュールでしたがスタッフの明るいキャラクターに疲れを感じることなく楽しく仕事ができました。そういった目に見えないものは映像にも映り込むと思っていて、今作をCPさんにお願いして本当によかったなと思っています。またぜひお願いしたいと思います!忘れられない思い出になりました。ありがとうございました。

PM 定谷様

【TV番組】めざましテレビ/ココ調&特集 オーストラリアの魅力を体験!

シドニーでは大変お世話になり、ありがとうございました。
リーフの撮影、返却、有難うございました。

こちらの仕切りをフォローして頂き非常に助かりました。

またオーストラリアに行けるように頑張って仕事を作ります。今後とも引き続き宜しくお願い致します。

フジテレビジョン 古田様

【イベント】GIGA Selfie by Tourism Australia

イベント実施に当たってのリスクマネージメントや運営管理能力の高さと、急な変更に対しても迅速にご対応頂いたお陰で、無事イベントが成功したと思っております。

また、スタッフ全員の人柄の良さもあり、本当に感謝しております。ありがとうございました!

H.T 様

【TV番組】岩合光昭の世界ネコ歩き「オーストラリア・ケアンズ」

お疲れ様です、音声の深見です。

スケジュールからびっくりしました。段取りといい、備品といい完璧で、日本にいる時の様な感覚で、なんの不便も感じませんでした。

ネコロケはコーデネーターさんが1番大変なのに、私達のわがままを全て聞いて頂き、ネコも気持ちよく撮影できたのは坂本さんのおかげです。
今後もオーストラリアの際は是非ともよろしくお願いします。

音声 深見様

お疲れ様です!
ありがとうございました!大変お世話になりました!
また色々ご迷惑お掛けしたかと思います!すみませんでした!

ケアンズロケ、大変いい雰囲気で撮影出来ました。

魅力的なネコにも出会え、番組としても良い回になると思います。

これからお忙しい日々が続くかと思いますが、ご自愛ください!
また坂本さんとお会い出来る事を楽しみにしております!

カメラ 海渡様

【映画】はやぶさ/HAYABUSA

毎度のことながら、やりたいと思う内容に予算は間に合わず、今回のオーストラリアロケも同じ状況でした。
当然ながら、日本とは全く違う事情なのに、相談相手が日本人という安心もあってか、ついうっかり、「どうしてこういう風に出来ないの?」と思ってしまうばかりか、口にまで出してしまう始末でした。

ところが、CPインターナショナルのみなさんは、私から繰り返されるそんな言い放ちにも怒ることなど一切なく、では、こうしましょうか、こういう考えはどうですか、と根気強く対応してくれました。

現地に入ってからの最後の最後まで、「もっとね、こうしたいんだけど、」という要求にも付き合ってくれ、その結果が予定以上のクオリティで終了できたことは言うまでもありません。

嫌な顔一つ見せず、根気強く最後まできちんと対応してくれたこと、何より素晴らしいことでした。

CPインターナショナルの鈴木さんや嶋田さんを筆頭に、現地スタッフのコーディネイトも素晴らしく、遠い国の砂漠地帯で、人の気持ちを強く思い出させてくれた時間=撮影でもありました。
ここにあらためて「ありがとうございました」と、お伝えさせて頂きます。

「はやぶさ/HAYABUSA」ラインプロデューサー 安斎みき子様

【CM】プリングルズ

撮影では本当にお世話になりました。ありがとうございました。
こちらではすでにオンエアされており、評判も上々です。
それもこれも、冨永さんをはじめオーストラリアスタッフの皆さんのおかげです。感謝感謝です。
ジェイソンさんやジェニーさんはお元気でしょうか。それから他のスタッフの皆さんも。

きっつい香盤に追われながらも嫌な顔一つ見せず、前向きに一生懸命頑張ってくれました。

テレシネが届いた時、「スゴイ!!素晴らしい!!」と思いました。
あの画は日本では作れません。ジェイソンの素晴らしい感性のなせる技と感動しました。それと、カラーリストももの凄くガンバってくれたと聞きました。本当にありがとうございました。

この間打ち上げの飲み会があったのですが、全員が今回の仕事に満足のコメントをしていました。「やりきった。」達成感を皆が感じていました。
この会にブリスベンの皆さんも一緒にいれたらいいのに・・・と思いました。

まだあれから2月しか経っていませんが、すごく懐かしく感じられます。
またオーストラリアで仕事がしたいと、強く強く思います。
その時にはよろしくお願いしますね。
ジェイソンさんやジェニーさんにも同じくお伝えください。
「また一緒に仕事がしたい!!」と。

もし冨永さんが日本に来られることがあったら、ご連絡ください。
一杯行きましょう。

では、またよろしくお願いいたします。

監督 神原秀樹様

【CM】JRAブランドCM

皆さんは、オーストラリアでのロケに何を求めるでしょうか。

雄大な風景、豊かな自然、この大地でしか出会えない動物たち…。
確かに日本では決して巡り合うことのない、数々のチャンスがここにはあります。
ところが、今回私たちが制作したCMをごらんになったとしても、 どこの部分がオーストラリアで撮影されたものなのか、 すべて言い当てることのできる方はいらっしゃらないと思います。

しかし、私はひとつだけ断言したいことがあります。
オーストラリアロケでなければ、なによりCPインターナショナルの活躍がなければ、 決してこの映像を完成させることはできなかったでしょう。

最高気温33度のブリスベンから、最低気温8度のベリーまで。 毎朝のように午前5時台に集合しては、ロケハンとロケをくり返した11日間。
時折、鈴木さんの瞳孔の色が薄く見えて心配したこともありましたが、 この合宿のような日々をともに過ごせたことは、とてもいい思い出でもあります。

20年ほどCM制作に携わっていますが、最高の撮影になりました。
本当に、ありがとうございました。

もう一生、オーストラリアのほうに足を向けては寝られません。
そもそも、足を向けようとすれば北枕なんですけどね。

株式会社 電通 クリエーティブ・ディレクター 岡野敏之様

オーストラリアでは本当にお世話になりました。
先週火曜日に帰国しまして、休む間もなく極寒の地、北海道にて牧場ロケをしてきました。天候が悪いかなと思っていましたが、なんとか晴れてくれてオーストラリアに負けないぐらいの良い絵が撮影できました。まだまだ撮影が続き、オーストラリアがもう昔のような気がします・・・

オーストラリアロケがああして無事に、しかも素晴らしい形で終えることが出来たのも、鈴木はじめ皆さまのお陰です。

競馬を長くやっている人間からして、今回のように競馬場を貸し切って、しかも現役馬をあれだけの数用意し、現役のジョッキーたちに協力をしてもらう・・・
これが実現できたことは、本当に奇跡に近いと思っています。
間違いなく競馬関連の撮影において、今回の試みは日本史上初であったと思います。

僕には見えない所で、大変な交渉をしていただいた鈴木さんには本当に感謝の言葉しかありません。
大変なこと、初めての試みを全員で乗り越えられたこと、そしてなにより素晴らしい映像が撮れたことがあった。だからこそ、今まで一番楽しいロケでした。

北海道のロケでも思いましたが、この作品はクライアントは当り前かもしれませんが、携わってくれれた全員の作品だと思います。今回、携わってくれている誰ひとりが欠けていても、出来ていない作品です。
だからこそ、今回携わってくれている全員のためにまだ撮影や編集は続きますが、良いものを制作することが、恩返しなんだと思いながら最後まで頑張っていくつもりです。

このロケが終わったからと言って、全然気が抜けないと思いますが、お体にはご自愛くださいませ。
日本馬がオーストラリアで出走し、取材に行く際は必ず鈴木さんにお願いしますので!
また、お会いしましょう!

株式会社 電通 営業 渡邉伸一様

  • 1312_a
  • 1312_b
  • 1312_c

「撮影のために競馬場で現役競走馬を使い実際にレースをする」

日本ではとても実施できないような撮影を実現していただけました。

日本においては芝の管理の都合上、開催期間中の競馬場で芝コースを使用することはできませんし、現役競走馬を走らせることはレースに向けた馬の調整過程を変更させることになりかねません。
しかも馬に近い位置にカメラを設置することも、競馬関係者からの理解を得る必要があります。

このようなことから、最初に撮影方法のお話をうかがった際は、「本当にそのようなことができるのか」と耳を疑いました。

聞くところによると、鈴木さんをはじめとする皆様が何度も競馬場へ足を運び、協議を重ね、信頼関係を築いていただいたうえで何とか実現できた撮影だったようです。

撮影当日も、馬を使った撮影であるため不確定要素が非常に多かったのですが、スタッフの皆様の連携によりスケジュール通りに進行することができました。

このCMはCPさんのご協力なくしては完成しないものでした。
今後も困難な撮影を行う必要がありましたら、是非CPさんにご相談させていただきたいです。

引き続き、よろしくお願いします。

JRA広報企画課 桑原俊樹様

【CM】ヤンマー 100周年記念企業CM

今回の撮影は準備・本番共にかなり厳しいスケジュールだったのですが・・・、
こちらの難しいお願いを鈴木さんの迅速かつ的確な手配で無事にオーストラリアロケを終えることができました!

鈴木さんには本当に感謝してます!
ありがとうございました!!!

ニッポンムービー 大阪様

今回のオーストラリアでのCM撮影の成功は、 本当に本当に本当に、鈴木さんなしでは成立しませんでした。

緊急対応、コーディネート、連日の長時間運転だけにとどまらず、交渉、プロデュース(昼夜問わず)まで完璧にこなしてもらい、今年いっぱいはオーストラリアに脚を向けて寝れません笑。

今度、家族でオーストラリア行くときは、サービス対応よろしくお願いします!

CMプランナー/コピーライター 河西智彦様

【CM】CANON IXY 420F

短いロケでしたが大変お世話になりました。ありがとうございました。

鈴木さんが用意してくれたご飯は、完璧なタイミングで、美味しくて、しかもその時食べたいなと思う物を用意して下さったので秘かに感動してました。

ありがとうございました。

カメラ第一助手 木村栄里子様

【PV】国際情報オリンピック2013PV

東京オフィスで直接会って打合せもでき、かなり小規模な撮影においても、丁寧で円滑なコーディネーションをしていただきました。

現場コーディネーターさんの気配りも大変良く、また、日本語もすばらしく、コミュニケーションも問題なく行え、快適な撮影が行えました。

次回またオーストラリアで撮影があった際はぜひお願いしたいと思います。
また、他の人にも紹介したと思います。

戸田泰平様

【PV/グラフィック】ソニー サイバーショット

先日はお疲れ様でした。
いろんなことに振り回されっぱなしのロケでしたね。。大変でしたが終わってみるといい思い出です。なかなかできない貴重な経験できましたし笑
次行くときは灼熱のオーストラリアってやつを経験してみたいものです。

晩ごはんも毎日おいしかったです!
ちなみにワタシ的ベスト3は、1位タイ料理、2位オージービーフのステーキ、3位中華料理となっております。

あと、お手紙どうもありがとうございました。
手書きの手紙なんて久々にもらったもので、うれしかったです。

本当にいろいろとありがとうございました。
マーク、シェーン、スージーにもよろしくお伝えくださいね!
またご一緒できることを願っております。
それでは!

カメラアシスタント 清水八重子様

今回は本当にありがとうございました。

大変なロケとなってしまいましたが、カズさん、マークさん、シェーンさん、スージーさんと皆さんが笑顔で次から次へと物事を運んでくださり、今回の撮影が出来たと思っています。

滝の水量は心配なくなりましたが、滝までいけるのか?や、室内ロケが難しくなったり、予定ロケ地で事件が起きたりと本当に次から次へといろんなハプニングが起きて息をつく暇が有りませんでした。

でも今回のロケで1番大変だったのは現地のコーディネートとスタッフを一手に引き受け、動かしてくださっていたカズさんだと思っています。本当に本当にありがとうございました。

メールで頂いた様に、青空のゴールドコーストはみんな知っている世界観ですが、今回のロケは、ゴールドコーストらしさ、というものと、そうではないしっとりとした部分も見る事ができたので、撮影素材のバリエーションは広く、仕上がりがとても楽しみです。

頂いたロケ中の写真も拝見しました。バースデーシーンなどは既に遠い昔の様な感じがしたくらいです。
監督も、帰りの飛行機の中で早く編集がしたい撮影が出来て、本当に良かった!と言っていました。

出演、小道具のレンタルなど、本当に機転をきかせてくださったご配慮ありがとうございます。

素敵なメッセージカードも頂きまして、少しうるっとしてしまいました。本当に本当にありがとうございます。
監督とリベンジする際は、是非私も参加したいと思っています。

株式会社アマナ 海津様

1月のソニー様の撮影では、大変お世話になりました。

帰ってからの怒濤のごとくの写真セレクトとレイアウト作業が終わり、先週、やっとのことでグラフィックは納品できました。

毎日、香盤がかわる大変な撮影でしたが、やっぱり、坂本さん無しでは、あのロケは出来なかったので、本当に感謝してます。

また、一緒に仕事が出来る日を楽しみにしております。
ありがとうございました。

株式会社リッシ 藤野克之様

先日は朝から夜遅くまで本当にありがとうございました。

天候のせいで香盤通りに進まない中で、プロジェクトを遂行できたのは、坂本さんはじめCPインターナショナルの方々のおかげに他ならないと思っています。

下記簡単ですが、感じたことです。

・GCという土地のエキスパートであること。
代替案がすぐに出てきて、一つの選択肢が消えてもまた次、とどんどん紹介していただけたことで、あのコンディションでも一日も滞りなく進められたと思っています。

・日本人的な働き方にも対応していただけること
朝早くから夜遅くまで、中々海外のコーディネーターでもここまで徹底して対応いただけることはないと感じています。

・日英の言語能力がとても高く、安心できること
坂本さん、マークさん、シェーンさん、お三方とも日英の言語能力が非常に高く、最初とてもサプライズでした。モデルさんへの指示や現地での生活も全く支障なく、日本でのそれと同じように行動でき大変安心しました。

・とにかくみなさまフレンドリーで楽しかったです!

一週間大変お世話になりました。
またお仕事できること楽しみにしております!

GCはいいところだったので、プライベートでも是非訪れたいと感じました。

株式会社ソニー 須田様

【PV】日立建機 企業PV

今回のロケでは大変お世話になりありがとうございました。
事前調査からロケ中の段取り、些細なお気づかい。
また急な変更に対する対応のレスポンスの良さ・・・

何から何までおまかせで、本当に安心して現場を終える事ができました。
満足度★★★★★でした。

今回はシドニー近郊のオーストラリアのほんの一部しか知ることができませんでしたが機会があればもっと広大なオーストラリアを感じてみたいです・・・
本当にありがとうございました。

カジマビジョン カメラマン 上原豊様

海外ロケの際にはいつも、到着と同時に少々興奮し、少々不安と緊張が入り混じり、正直仕事はサクサク終わらせて異国情緒を満喫したいなあと思いつつ、なかなかそうもいかないのが現実。
しかし、今回はいつもとだいぶ違いました。

日本にいるのと同じ気持ちで違和感なく仕事に取り組める環境を作ってくれました。
細かなニーズ、急な予定変更にも、柔軟に対応してくれました。
そして何より、気兼ねなく安心して、楽しく仕事をさせてくれました。

日本人って世界のどこに行っても、本当に優秀な方が多いなあ~と、無能なディレクターの私が言うのもなんですが、とても誇らしくなりました。それらは全てCPインターナショナル坂本さんのおかげさま。ありがとうございました。

案の定スケジュールと天気は流動的で、異国情緒を大満喫!というほどの時間は当然とれませんでしたが、常にリラックス、心の余裕を感じながら、オーストラリアの空気を堪能することができました。

日本に帰りたくなくなるような海外ロケ、海外出張がしたかったら是非CPインターナショナル・オーストラリアへ!

カジマビジョン ディレクター 飯野貢次郎様

先日の撮影では大変お世話になりありがとうございました。
短い期間での撮影にも関わらず、坂本さんにはこちらの要望に応じて対応いただき満足のいく撮影ができました。

特に撮影は天候に左右されますが、こまめな天候確認とその状況に応じてアレンジいただいたのが大変助かりました。

何から何まで、本当に有難うございました。
また何か機会でオーストに行く際にはよろしくお願いします。

日立建機株式会社 大城康一様

【PV】グローバルグリーンチャレンジ 2011

ソーラーカーレースロケ大変お疲れさまでした。
前回以上に、先の見えないロケで40歳近くの体には、きつかったですね。

前回に引き続き、同じコンビでの撮影とあって、坂本さんとは阿吽の呼吸でレースに臨めました。
色々ありましたが、坂本さんにはたくさん無理を聞いて頂いてたすかりました。

最後に頂いた、坂本メモ(アデレード情報)で山南さんと盛り上がることができました。
次回のレースも、呼ばれるように今後も頑張っていきます。そのときも、是非よろしくお願いします。

お互い体には気をつけて行きましょう。
では、また再会を楽しみにしています。

株式会社ワンツーワン・プラス 鈴木正紀様

【PV】グローバルグリーンチャレンジ 2009

東海大学ロケでお世話になった鈴木です。
過酷なロケ大変お疲れ様でした。

特殊なロケで打ち合わせもできない中、坂本さんが気を使っていろいろ動いて頂き大変助かりました。

また、オーストラリア周辺の仕事があったら是非お願いしたいと思いますピンバッジ、お手紙ありがとうございました。また、会える日を楽しみにしています。

カメラ 鈴木様

2009年10月にダーウィンからアデレードまでの3,000kmで行われたエコカー・レース「グローバル・グリーン・チャレンジ」の取材で、CPインターナショナルの坂本和彦様にコーディネートをしていただきました。

5日間にわたる道中には、車中に食料や水を常に切らさぬよう適宜補充し、また充電設備から野宿用のテント、寝袋に至るまで手配するなど、私どもが取材に集中できるよう細やかな気配りをいただきました。

また、100k/hを超える速度で走るレースカーとの併走などの際には、私どもの指定する位置で併走するなど確かな運転技術で撮影を支えるだけでなく、道中各所についての豊富な知識で撮影スポットなどをアドバイスしていただけことは、取材の大きな助けとなりました。

おかげで大変良い取材をすることができました。

また機会がありましたら是非コーディネートをお願いいたします。

東海大学チーム関係者 M.K様

【PV】梅宮アンナ「SMART WALK & SMART JOG」

本当に今回はありがとうございました!日本でCPの良いウワサを言いふらしておきますね・・・

色んな海外ロケをしてきましたが「また是非お願いしたい」と心底思えるコーディネーター会社が少ない中、CPさんには是非またご一緒させてもらいたいという気持ちでいっぱいです。

何よりも制作陣、出演者から何一つコーディネーターに関する愚痴が出てこなかったのは僕のディレクター人生の中、初でした!

予算的にも日程的にも無理をたくさん言った中、決して否定的にならず前向きにご尽力いただいた皆さんは本当に素晴らしいと思いました。
最後にBBQまでやっていただいて良き想い出になりました。

ディレクター 澤田様

【PV】ジョン・カビラのオーストラリア世界遺産レポート

至れり付くせりの心くばりで大満足の対応をしてくれます。

天気までなんとかしてくれるのがCPインターナショナルさんです!!

DDB Japan Senior Communications Manager 有賀様

【PV】三井松島グループ 企業PV

シドニー、ニューキャッスル、リデルの撮影ではお世話になりました。

リデルってどんな所なのか、ほぼ何もわからない状況でしたが、CPのスタッフの事前ロケハンのおかげで撮影を無事に終えることができました。

ロケ期間中は親切で丁寧なコーディネートの陰で、段取りよく撮影することができました。
クライアント様からの、コーディネーターさんの評判もよくとても感謝しております。

またオーストラリアのロケでご一緒出来ればと思っております。

モードツー クリエイティブプロデュース 本田様

【PV】Panasonic Lumix G

期間の短い中で、いろいろと手配をしていただき、期間中もいろいろな無理をこなしてくれて、たいへんお世話になりました。

今回の撮影自体も良いロケ地に恵まれてクライアントの方も喜んでいらっしゃいました。

撮影後のツアーも楽しく、天の川は特に感動しました。

サイズビジョン プロデューサー 鳥井元様

【グラフィック】いいちこ

この度は大変お世話になりました。 前半は島に着くなり悪天候に迎えられ、 残念ながら絶景に出会うことはできませんでしたが、 後半はすべり込みで夏に相応しい撮影ができました。
その前日の夕方に訪れたビーチでは、 懐かしいヨーロッパ映画を想起させるロケーションが散見でき、 とても有意義な時間を過ごせたと思います。

CPさんの的確なドライビング、そして土地カンの賜物です。
本当にどうもありがとうございました。

(株)日本ベリエールアートセンター 土田康之様

【グラフィック】CANON EOS kiss X6i

私の南半球ロケは決まってCPさんにお願いしてます。
フットワークの軽さ、対応力、短い準備期間でのスケジュール調整などなど、どれをとってもプロの仕事をしてくれます。

海外ロケはコーディネーターさん次第。とはこの業界でよく言われている事です。私もそう思います。今までいろんな国のコーディネーターさんとお仕事をさせて頂きました。
その中でもCPさんは抜群の対応をしてくれていると感じてます。

仕上がりの良さは、クライアントからの評価も高く、こちらとしても安心してお仕事をお願い出来る環境がCPさんには整っていると思います。

問題としては、CPさんにお願いしたいがために、南半球ロケの提案ばかりになってしまうところかなと(笑)。ただ、それもこれも、CPさんの抜群の対応力故の現象だと思ってます。

単にコーディネーターさんとしてではなく、チームの一員として取り組んで頂ける姿勢が他では得られない領域です。

今後もCPさんと共にクオリティの高い仕事をしていければと思ってます。

電通クリエーティブX チーフプロデューサー 星野潤様

昨年に引き続き、CPさんには今回も大変お世話になりました。
ロケ地の手配、許可取りから現地の子どもたちのキャスティングなどなど、何から何まで、本当にありがとうございました。担当していただいた鈴木さんは(スーさん)は、昨年、悪天候に見舞われたときも、決してめげず、いつも笑顔でいて下さったのが頼もしく、印象に残っています。
そのスーさんが今回もスケジュールを合わせて下さって、楽しくお仕事をすることができました。

CPさんにお任せすれば、すべてうまくいくと確信しています。
ただ、みなさんにはあまり教えたくない気もしますが(笑)。

またお仕事をご一緒できて、嬉しく、本当に心丈夫でした。
なんだかすっかりファミリーになった気分です。
これからも公私ともども、末永くお付き合いいただければと思います。

写真家 榎並悦子様

【グラフィック】大手国内自動車メーカー2011

今回、撮影前から数々のオーダーにお応え頂き、大変感謝しております。
お陰さまでベストなロケ地の元、撮影を大成功させることが出来ました。

初めての海外ロケで不安な点も多々ありましたが、安心して進める事ができました。

連日早朝から深夜まで動いて頂き、申し訳なかったです・・・
次回またオーストラリアロケがある時は、もう少し余裕のある香盤を組みたいと思います。笑

お土産+ポストカード、ありがとうございました。
シークリフは本当に記憶に残るロケ地になりました・・・こちらこそ、大変感謝です。
今後とも機会があれば、ぜひともよろしくお願い致します。

株式会社アマナ 菱沼様

シドニーロケでは本当にお世話になりました。
カズさん&オサムさんのおかげで、早朝から深夜まで安心して快適に撮影に打ち込むことができました。本当にありがとうございました。

予想外にハードスケジュールになってしまって、大変な思いをさせてしまったと思いますが、臨機応変に対応していただきまして感謝しています。

最終日、シークリフの撮影の後の、クーラーボックスで冷えたビールは最高でした。

またお会いできるのを楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いいたします。

カメラマン 坂本アキラ様

今回は、本当にお世話になりました。

海外ロケは数回しか行っていませんが、コーディネーターの方の対応はすごく現場の雰囲気、流れに大きい影響がありますので、坂本さんにコーディネートして頂き、本当に良かったです!

かなり厳しいスケジュールで移動も多く、体力的にご負担をかけてしましたが、常に私たちの要望に「無理です。出来ません」は言わずに対応をして頂きました。おかげさまで、予定通り撮影ができて良かったです。

体力的には辛かったですが、スタッフのみんなが笑っている姿の印象が多く、思い出に残る、楽しいロケだったなーと思っています!ロケ以外にも、オーストラリア情報やおみやげ情報などいろいろ教えて頂き、本当に楽しいロケでした。お疲れさまでした!!

また、オーストラリアロケを行う際は、是非宜しくお願い致します。

アートディレクター 深見様

【グラフィック】JALオリジナルカレンダー2012「A World Of Beauty」

先日の撮影では大変お世話になりありがとうございました。
撮影時間は2時間弱もありませんでしたが、桐島さんも集中してできる限りシャッターを切っていたと思います。

いろいろお世話になり感謝しております。
東京に来られましたら皆さんとお会いしましょう。

ディレクター 高原様

【WEB】某自動車メーカー

今回は某自動車メーカーのWebコンテンツの企画で 新型車種が『世界中の道を疾走する!』と言った内容の撮影で、CPインターナショナルさんにはオーストラリアを担当していただきました。

アジアを皮切りに中東、EU、北米、オセアニアと様々な国を 駆け足で周ってのロケ撮影でしたが、最終ロケ地のゴールドコーストでは、 スタッフもかなりの疲労が蓄積しておりました。そんな中、ご担当いただいた鈴木さんには、ロケーション自体のコーディネートはもちろんのこと、 食事やその他、撮影進行についても的確で、ご丁寧な対応と お気遣いには『さすがCPさん!』と言うのが私の感じたところです。

要するに、私がロケ撮影を成功させるために大切にしているキーワードの『安心感』と『期待感』が CPインターナショナルさんには充分すぎるくらい備わっていると再確認させられました。

これからもクライアントへは海外ロケーション撮影を提案していきますので、オーストラリアの素晴らしいロケーションをご提供いただきたく、今後も末永く、お付き合いいただければ幸いです。

川井様

【WEB】SONY α「α CLOCK」

私は現在SONY様のホームページ上で展開されている、αCLOCKという世界遺産写真の撮影を務めさせて頂いております。

この撮影は定点撮影という撮影スタイルであるため、今回は海抜200メートルの断崖に日の出前から夜まで立ち続けるという撮影を、連続5日間にわたって行うことになりました。これは、日の出前の真っ暗なうちに45分の崖上りをし、その後14時間強風にさらされ、再び真っ暗な中崖を降りるという事を意味します。

これは予想以上に過酷なものでしたが、CPスタッフの冨永さんは嫌な顔一つ見せずに献身的なサポートをし続けてくれました。撮影許可に始まり、断崖に食事や機材を運ぶサポート、気象条件を先読みしたアドバイス。あげればキリがないほどお世話になりました。本当にありがとうございました。

見知らぬ土地での撮影が成功するか否かの分かれ道は、良き人材に巡り合うかどうかにかかっている思います。物理的なサポートはもとより、心理的にこちらのモチベーションを高めてくれる人材と出会うことはそうあるものではありませんが、今回のロードハウ島での写真はその貴重な出会いがあったこと証明している素晴らしい出来映えになった思っております。

またオーストラリアでの撮影がありましたら、是非ともサポートをお願いしたいと思っております。

(株)CINEMAFORCE 代表/映像作家 貫井勇志様

【TV番組】体感!グレートネイチャー/追跡!謎のサンドリバー~オーストラリア・世界最大の砂の島~

ご担当の冨永さんの人柄がとっても良く、まじめで尊敬できる方で本当に助かりました。
現場の雰囲気作りから取材の具体的なアイディアを出しなど、全般にわたって大活躍され、番組を成功に導いてくれました。

難しい専門用語を駆使しての科学的な取材が必要な現場だったのですが、難なくこなされ、本当に凄い方です。
理解できるまで何度も何度も繰り返し質問しても、イヤな顔一つもせずに対応してくださいました。

また、船酔いで私が死んでいる最中も、全く船酔いを全くしないという驚異の身体能力でロケを支えてくれました。本当に本当に感謝しております!最後に繰り返しになりますが、人柄の良さが際立つ素敵な方でした!ありがとうございました!

日本電波ニュース社 ディレクター 江南亮様

【TV番組】ドキュメンタリーWAVE

オーストラリアを訪れるのも初めてなのに、ブルームというマニアックな場所に訪れる事になりました。

私自身、初めての海外ロケだったという事情も重なって、出発前は不安で不安で…。しかし、出発前に御社スタッフとやりとりをしている間に、段々とその不安は薄くなり、不安は期待に変わっていきました。

政治的な話題という事もあり、かなり難しい内容をお願いしてしまったのですが、リサーチ、撮影ともに献身的に協力して下さいました。

驚く程美しい空と海。帰国してからも時々思い出します。
また是非よろしくお願いします。

ディレクター 廣岡知人様

【TV番組】Rの法則

今回のロケの担当してくださって本当にありがとうこざいました。 

朝早くから、美味しいご飯用意してくださったり、いつも優しく対応して頂いて本当に感謝しています。

Gold Coastの素敵な場所へたくさん連れてってくれてありがとうございました!全てが貴重な経験となりました。
今度またオーストラリアにいくことがあったら、また坂本さんに案内してもらいたいです。本当にありがとうございました。

タレント 飯田麻由様

3日間という短いロケでしたが、とても濃い内容のロケが出来たこと、大変感謝しております!!
特に、今回は高校生という未成年がターゲットで、許可取りにとても労力がかかったことと思います。

ギリギリまで粘って頂いたお陰でとっても素敵なロケとなりました!

さらに予報では雨続きだったにも関わらず、本番では快晴!
これも坂本さんとロニーの日頃の行いの成果ですね(笑)

またオーストラリアに行く際には
是非、コーディネートお願いします!!

ザ・ワークス ディレクター 金丸恵理子様

オーストラリアの高校生と触れ合う、はじめはどんな感じになるのかなと思っておりましたが、とってもフレンドリーな高校生ばかりで、出演者のまゆちんも終始笑顔で楽しいロケができました。

オーストラリアがとっても好きになりました。
またロケで行ってみたい魅力的な国でした!!!
またの機会宜しくお願いいたします。

ザ・ワークス プロデューサー 山崎文菜様

【TV番組】ザ!世界仰天ニュース/秋の仰天 大騒ぎ祭り

  • 1330_a
  • 1330_b
  • 1330_c

昨日、無事OAすることが出来ました。
視聴率も良く、1部と2部をまたいだ「ブラジル銀行強盗」ネタの画の力が大きく貢献したと考えています。

今回、時間のない中、ベストの対応をして頂き、ありがとうございました。
時間がなく不確定要素が多い中、正直、ここまで完成度の高い作品に仕上げられるとは全く考えていませんでした。

すべては鈴木さんを筆頭とするCPスタッフの方々のご尽力のお陰です。
本当に感謝しています。

日本テレビ 小林英丘様

【TV番組】ザ!世界仰天ニュース/人間の不思議SP

ジェットスターの似合う女、小森です。皆様ありがとうございました。途中で、帰国しないといけなかった、私の今回のオーストラリアの思い出はサイクロンのブリスベンと部屋の床の寝心地だけでした。

今度はもっとオーストラリアを満喫したいとので、またロケに伺う機会がありましたらどうぞ宜しくお願い致します。

アシスタントディレクター 小森様

仰天ニュースの撮影お疲れさまでした。撮影の永石です。

皆さんに我慢強く仕事していただき、今回は順調に撮影することができました。
有り難うございました。

またそのうちお世話になることと思いますが宜しくお願いします。

カメラマン 永石様

今回のロケではたいへんお世話になりました。

またさっそくのネタ提供ありがとうございます。
今後とも面白そうなネタがありましたらご連絡いただければと思います。

またロケに伺う機会がありましたらどうぞ宜しくお願い致します。

ディレクター 武山様

【TV番組】SUPERうるぐす

大変お世話になりました。

坂本さんの事前準備、迅速な対応のおかげで滞りなく取材ができました。

また来年日本一になって再びこの地でお会いできることを楽しみにしています。

取材スタッフ一同様

【TV番組】夢の通り道

『夢の通り道』ロケでは大変お世話になりました。
個人的には、海中のきれいな映像とウミガメの映像が紹介できて、とてもよかったと思っています。これも、ひとえに坂本さんと冨永さんのしっかりとした仕込みのおかげです。本当にありがとうございました。

冨永さんには、現場で本当にお世話になりました。物腰の柔らかい方で、とても仕事がしやすかったです。現地で何の不安もなく過ごすことができました。

クルーのピートさんとベンさんも、昼食を後回しにしてまで頑張ってカメラを回して頂きました。とても気さくで、こちらの要望もすぐに聞き入れてくれたのでスムーズに撮影することができました。
ジャックさんもテキパキとした動きで私たちのスケジュールに合わせて最大限に協力してくれました。以前にも申し上げました通り、ジャックさんがいなければ、カメは撮影できなかったと思います。

また、オーストラリアにお邪魔できる日を楽しみにしています。
今後とも、よろしくお願いします。

制作ディレクター様

【TV番組】天才!志村どうぶつ園/志村園長がカワイイ動物たちとオーストラリアで満喫♪

オーストラリアロケ大変お世話になりました。

CPの方々の仕切りが完璧だったので何も問題が起きず、無事ロケが終了したことに感謝いたします。

またオーストラリアロケがあったら宜しくお願い致します。

クリエイティブ30 プロデューサー 宮崎文夫様

【TV番組】トラベリックスⅢ ~世界体感旅行~/ゴールドコースト編、ハミルトン島編

オーストラリアロケ大変お世話になりました。

天気はしょうがないですけど楽しく仕事することができまして、現地スタッフの皆様のおかげです。

ありがとうございました。
僕的にはコアラが抱っこが出来た事がサイコーでしたけど(笑)
また、オーストラリアに行くときには宜しくおねがいします。

オムニバスジャパン カメラマン 松浦覚様

今回はなかなかお天気に恵まれず、連日のように朝日を狙って、日の出前からロケがスタート。そんなハードスケジュールが11日間も続きました。

皆さん、かなりお疲れだったと思います。けれど、そんな素振りも見せず、笑顔で私のワガママにお付き合い頂き、ありがとうございました。

このロケで出逢ったすべての方への感謝の気持ちを胸に、これから精一杯オフラインに励みます。
本当にありがとうございました。

ディレクター 大田様

【TV番組】トラベリックスIII ~世界体感旅行~/シドニー編、ケアンズ編

制作のことをよく分かっており、先を読んでくれる動きをしてくれて非常に助かりました。

その動きを毎日してくれるのは大変だったと思います。

IVSテレビ制作株式会社 ディレクター 中井様

ロケの仕込みは勿論のこと、冷たい飲み物や食事などのロケ以外の部分でも先を読んだコーディネーションをしてくれて、順調に進めることが出来ました。

先を読んだ細かい気遣いは他のコーディネーターとは違うなと思いました。

オーストラリアはまだ行っていない場所もあるので、次回もよろしくお願いします。

IVSテレビ制作株式会社 ディレクター 中根様

【TV番組】トラベリックスIII ~世界体感旅行~/オークランド篇、南島縦断篇、クィーンズタウン篇

ニュージーランドのロケが始まる前、まず驚いたのがCP・坂本さんからのスケジュール!
驚くほど細かく、撮影には欠かせない「日の出」「日の入り」の時刻まで記入されている!

もう30カ国近い海外ロケの中で、こんなに見やすく、素晴らしいスケジュールを立てたコーディネーターさんは初めて!

スケジュールも細かいだけでなく、大体想定でかかる時間を考えてくれているので、実際ロケ現場で撮影をしても時間が足りない・・・となることは無く、ほぼオンタイムでスケジュールが進行できたのが本当に助かりました。


とある日、悪天候でいい映像が取れなかった翌日。朝起きるとどうやら今日は晴天。でも今日は今日のスケジュールがあるし、前日の場所には戻れないかな・・・と思っていたところ、ホテルの部屋に坂本さんからの内線が!

「天気が良さそうなので、行きますか?」と絶妙のタイミングで背中を押され、「はい!」と一発返事。

すると前日とは比べ物にならない見事なまでの晴天で、絶景を押さえることができました。
これも坂本さんの制作側への心遣いと制作側の立場を考えてくれる姿勢が生んだ代物だと思いました。

さらに!海外の食事に飽きた頃、誰よりも早く起きてなんと!おにぎりにお味噌汁をスタッフ全員分を坂本さんが手作り!!私をはじめ、同行スタッフは大満足!ワガママな制作の意向もなんなくこなし、さらにこんな心遣いまで・・・。

CP・坂本さん、恐るべし!!
素晴らしいスケジュールを作成する坂本さんは現場でも素晴らしいコーディネーターで、今後もオセアニアのロケは是非お願いしたいと思いました。

海外ロケの鉄則として、共に楽しみ、共に体験し、共に難関を乗り切るということが必須となりますが、坂本さんとの仕事はそれが大満足!その瞬間しか出会えない人や景色を共有できたことが本当に良かったです。

そして最も感動したのが、ロケの終了時!ニュージーランドから旅立つときに、なんと手紙をスタッフ全員に手渡し!うぅ~泣ける…。

帰国後も追加の質問事項の返答のみならず、クリスマスメッセージや新年メールなど、後対応もバッチリ!放送が終わるまで本当に助かりました!!

またそのうち是非、お仕事以外でもお会いしたいです!

IVSテレビ制作株式会社 ディレクター 伊藤淳一様

【TV番組】世界ふしぎ発見!/巨大な孤島オーストラリア・タスマニアタイガーを追え!

「世界ふしぎ発見!」は、オーストラリア取材の際にはいつも冨永さんにコーディネートをお願いしていますが、今回、私はオーストラリア・ロケが初めてだったので、以前、冨永さんと仕事をした同僚ディレクターにまず相談しました。

そして、CPインターナショナルのリサーチ力の高さ、正確さ、現場力、冨永さんの素晴らしい人柄、などなどを聞き、迷わずコーディネーションをお願いしました。

今回は企画自体が決定してから撮影までの期間が短かったため、いろいろと無理なお願いもしましたが、冨永さんはそれらを確実にリサーチして仕込んでくださいました。そのお陰で予想以上に様々な生き物たちを撮る事も出来ました。

また、撮影の現場だけでなく、食事のときなどにスタッフを和ませてくれる楽しい会話が、どれほど今回のロケを有意義なものにしてくれたかを今、改めて感じています。本当にありがとうございました。そしてこれからもどうぞ宜しくお願い致します。また、お仕事をご一緒できる日を楽しみにしています。

テレビマンユニオン ディレクター 冨吉雅成様

【TV番組】世界ふしぎ発見!/雲に乗りたい!地球の奇跡 モーニング・グローリー

今回「モーニング・グローリー」という、見たことも無い自然現象の撮影という事で、「いつ発生するのか?」「発生したら、どうやって撮影するのがベストか?」「安全性は大丈夫なのか?」などなど、企画が持ち上がった頃は正直不安が尽きませんでした。

しかし御社の完璧かつ迅速なリサーチのお陰で、事前に様々な事態を想定し、万全の準備が出来たので、日本を出発する頃には「これで撮影出来なかったら自分に運が無かっただけだ」と、良い意味で開き直る事が出来ました。

今回のような一か八かの自然現象撮影では、確かな情報・知識を得て、自信を持って取材に臨む事が最も重要だったので、本当に御社の協力なくしては成功しなかったと思います。

お陰様で楽しい、かつエキサイティングな体験&撮影をすることが出来ました。また是非宜しくお願いします!

テレビマンユニオン ディレクター 鈴木伸治様

【TV番組】世界ふしぎ発見!/西オーストラリア特集

パース、カリジニでは、こちらこそお世話になりました。

きめ細かなコーディネイトで撮影がスムーズに行き感謝しております。

また、オーストラリアでのロケでご一緒出来ればと思ってます!心より感謝申し上げます。

VE 井納様

オーストラリアロケは初めてだったのですが、最後まで安心してロケをすることができました。
ロケ準備でのリサーチでは、迅速かつ丁寧な報告書を頂き、台本を書く上で、非常に参考になりました。

又、今回のロケでは、パースのライフスタイルというテーマで、現地の人々の暮らしに密着しました。そのため、面白いキャラクターの方を探せるかどうかが、取材の成否を分ける重要なポイントでした。

しかし、これも御社の粘り強いコーディネーションのおかげでうまくいきました。又、次回オーストラリアの企画が立ち上がった時は、是非、お願いしたく思っています。

テレビマンユニオン ディレクター 三好様

【TV番組】おーすとりっぷ

何かとお世話になりました!!
本格的な海外ロケ初体験だったので緊張してましたが、おかげさまで、楽しく終わることが出来ました。

VE 石黒様

今回はメルボルン、パースと、大変大変お世話になりました。
我儘なリクエストにも対応して頂き感謝感謝です。

天気にも恵まれ、良い出会いにも恵まれ、言う事無しですね♪。
こんなオヤジなカメラマンですが、今後も宜しくお願いいたします(‘-^*)ok!。

カメラマン 杉村様

初の海外ロケで、行く前から不安と緊張でお腹が痛くなっていましが・・・。
冷静な冨永さんのお陰で、オーストラリアに着いてからはお腹が痛くなることもなく、ロケはスムーズに進み、無事5日間のロケを終えることができました!!

ロケ以外にも、夜カジノに連れて行ってもらったこと、一ドルを冨永さんから頂いてスロットをたしなんだことは忘れません!!本当にありがとうございました!!

TBSビジョン 岡様

大移動を強行スケジュールでこなす大変なロケでしたが、坂本さんのおかげで楽しく終えることができました!

よくない天気予報をかかいくぐって夕日が撮影でき、難しいといわれたフラワーカーペットが見つかり、短い時間の中で予定になかったカンガルーやワラビーとも遭遇できたのは、坂本さんのおかげですね!往復6時間以上の運転もありがとうございました。(というか、助手席で寝てしまってすみません。)

またの機会にご一緒できるのを楽しみにしております。
そのときは一緒に飲めるスケジュール作れるといいですねー。

TBSビジョン 石郷岡様

ロケお疲れ様でした。
おーすとりっぷはミニ枠にもかかわらず、ロケ体制は特番並みですが、ロケ日数と予算は普通のミニ枠より少ないという厳しい現状です。
そんな条件の中で、無理なお願いをいろいろしましたが、全て順調に終えることができ大変助かりました、ありがとうございます。

一番大事なことだと自分で思っていることは、出演者やスタッフが本当に楽しくロケが出来ないと、楽しいそうな旅番組は作れないということ。
今回も坂本さんのおかげで、楽しく旅ができロケをすることができました。

TBSビジョン 別部時彦様

【TV番組】向井理の地球横断縦断27000キロ大紀行スペシャル

移動につぐ移動でスタッフ・キャスト共に大変でしたし、僻地で難しいコーディネーションだったと思いますが、柔軟にやっていただいて感謝しています。

僕としても、いい経験になりました。本当にありがとうございました。
また何かの機会に、ご一緒できれば嬉しいです。

TBSビジョン ディレクター 伏貫健介様

【TV番組】地球バス紀行

昨年の10月から、タスマニア(冨永さん)、西オーストラリア州(坂本さん)、クイーンズランド(坂本さん)の3本を、CPさんのコーディネーションでロケをさせて頂きました。

私自身は初めてオーストラリアロケでしたが、最初に驚いたのが、冨永さんにしろ、坂本さんにしろ、広い広いオーストラリアなのに、知らないところはないのか?と思うくらい、情報をよく知ってらっしゃったことです。

こちらの無茶な要求でも、キチンと判断して頂き、出来る時は素早く!出来ない場合でも、代替案を出して頂けるのはありがたかったです

冨永さんは、とにかく慌てず冷静沈着で、坂本さんは脅威の晴れ男でした。
ひとつ問題があるとすれば!
夜、お酒を飲まないということですかね(笑)

もちろん夜も、僕ら制作のために動いて頂いているのはわかりますが、 お酒好きの私としては、次回は、もう少し付き合ってくれると、 オーストラリアのお酒がもっともっと味わえるので、 どうぞ宜しくお願い致します。

番組は、お陰様で非常に評判です。
次回、オーストラリアロケの際も宜しくお願い致します!

地球バス紀行 演出 鈴木亮介様

【TV番組】ゆらり散歩世界の街角

「ゆらり散歩」のオーストラリアロケではお世話になりました。
たくさんの思い出と共に、いい経験をさせていただきました。
本当にありがとうございました。

先日、江崎さんからロケ中の写真を転送して頂きました。
とても嬉しかったです。大切に保管したいと思います。

今、日本は桜が綺麗です。
だいぶ暖かくなって、過ごしやすくなりました。
しかし、ホットチョコレートが恋しくてたまりません。
仕事とは別に、また遊びに行きたいと思います。
またロケで御一緒することがありましたら、宜しくお願いします。

VE 迫 めぐみ様

大変お世話になりました。

坂本さんの細やかなコーディネイトのお陰で撮影がスムーズにいき、カメラマンとしても助かりました。

また誕生日のお祝いまでしていただき思い出にのこるロケになり感謝しています。

カメラマン 江崎 真澄様

バララットという、メルボルン郊外の街を訪れました。

日本の番組ではあまり取り上げられていない場所ということで、情報を集めるのも大変だったのではと思いますが、こちらの要望にもスムーズに答えて下さり、大変臨機応変に対応してくださいました。

ちょうど誕生日を迎えたカメラマンにケーキを用意してくださったりなど、細やかな心配りの数々もありがたかったです。
本当にありがとうございました!

オルタスジャパン一同様

【TV番組】テレビシャカイ実験 あすなろラボ

ロケ地探しからアフターケアまで長期間に渡りお世話になりました。

ロケ地探しではオーストラリアっぽい、でも誰でもできる、そんなにゴールドコーストから離れたくないなど、様々なリクエストに応えていただき、無事ロケを行うことができました。もちろん、現地でのロケの際も、撮影場所との交渉から移動の段取りまで滞り無く行なっていただき、ストレスなく撮影に望むことができました。

それ以上に、ロケ後の丁寧なリサーチ・資料取り寄せには大変助かりました。
国内ロケならADもしくは自分でやる調べ物や交渉事も、海外相手になると途端に手が出せなくなります。
そんな中、「明日までにこの資料を!」「明日放送なので、今日中に写真を!!」といった無茶でめんどくさい発注にも素早く対応していただけました。

国内の若いスタッフたちにもぜひ見習っていただきたいフットワークの軽さです。

個人的には、現地でパソコンが壊れたため、急遽新品を買うことになった時に、冨永さんがパソコンに詳しく、現地のお店で通訳していただいたおかげで非常に助かりました!まさか英語でパソコン用語を話す必要に迫られるとは思っていなかったので(苦笑)

またオーストラリアに伺う際には、ぜひまたお願いしたいと思います。
ありがとうございました。

ディレクター 池山喜勇様

【TV番組】めざましテレビ/TOP OF THE WORLD

今回のロケでは、撮影期間が非常に短いながらも晴天にも恵まれたことに加え、細かいスケジュールの調整をしていただけたので無事に撮影を終えることができました。
毎日朝早く、そして夜遅くまで対応いただき本当にありがたかったです。

食事を満足にとる時間もなかったのですが、文句ひとつ言わずにお付き合いいただき、本当に感謝の言葉しかありません。

またこのような機会があれば、またお付き合い願えればと思います。
ありがとうございました。

ディレクター 桜庭佑様

【TV番組】ほこ×たて

ニュージーランドのロケでは大変お世話になりました。
まだまだ未熟なため、ご迷惑をおかけするところも多々あったかと思います。

無事ロケが終えられたのも、坂本さんのお仕事ぶりあってこそです。
細やかな心配りが、とてもうれしくありがたかったです。

お手紙を頂いた事、非常に心に残っています。
本当にありがとうございました。
オーストラリア・ニュージーランドでのロケの際はぜひまたよろしくお願いいたします!!

担当カメラマン

ロケでは大変お世話になりました。
また、よろしくお願いいたします。

準備期間が全くない中、何とかロケを成立させてもらい本当に助かりました。

ありがとうございました。

ディレクター 吉岡様

【TV番組】南半球の極上都市へようこそ

この度は本当に本当にお世話になりました!!私が未熟なばっかりに必要以上に時間も手間もかけさせてしまって本当にすみません。。坂本さんがコーディネートしてくれなかったら、こんなに充実したロケはできなかったと思います!!

分刻みでスケジュールを実行してくれて、いつも冷静で何を聞いても的確に答えてくれる坂本さんには感動しました☆

街に自然にグルメに、本当にメルボルンを満喫できて、すごく楽しい旅でした♪人も優しくて陽気で…リアルにオーストラリアに住みたい!!と思った位です♪綺麗な海でサーフィンをしてる坂本さんを想像したら、うらやましくてしょうがないです!! もう是非ゴールドコーストにも遊びに行きたいです!!

素敵なお手紙とメールまで頂いて…本当にありがとうございます。大事にします。こんなに素敵な方と出会えて、一緒にお仕事できて幸せです。4日間ありがとうございました!!

明石昌子様

CPの坂本さんはスケジュール管理がしっかりしているのはもちろん、車内での飲み物食べ物を用意して頂いていたり、寒い所で薄着だった僕にジャケットまで貸してくれてとても気の使い方に感動しました。

また、僕のくだらない質問にも、全力で答えて頂いたり、トークにメルボルンジョークを入れてくるところに、坂本さんの優しさと温かさを感じました。

撮影終了後でお仕事時間外なのに、ご飯のおいしいしお店や、観光スポットに案内して頂き、本当に何から何までよくして頂きました。コーディネーターとしてだけでなく人としてとても素晴らしい方だと思いました。

ノボせもん なべ様

私どもテレビ西日本は、福岡の県域テレビ局です。福岡空港と博多港の利便性から、よくアジア各国の特集番組を放送しています。

初のオーストラリアロケでしたが、現地の方々の親しみやすさにスタッフ一同感動しました。アジアの国にいるかのように、人々が温かく、そして居心地がよく日本にいるのと違和感なく取材ができました。

ゴールドコーストがベースのCPインターナショナル様にはわざわざメルボルンまでお越し頂きコーディネート頂きました。

何よりディレクターの考えを尊重していただき、無理融通を聞いて頂いたことに感謝いたします。

テレビ西日本 池谷正明様

今回のオーストラリア・メルボルンのロケは制作としてはあまりに時間がなく、仕込みや許可申請に関してかなりの不安を感じていました。しかしCP坂本さんの迅速な対応と行動力でロケ当日には全ての段取りが整い、あの不安はなんだったんだと思いながら撮影をしていました。

これまで様々なコーディネーターの方と仕事をしましたが、これほど完璧な人物は見当たりません。

それは現場での立ち振る舞いはもちろん、夜ご飯のお店のチョイス、ロケ車に積んである飲み物の充実ぶり。どれをとっても非の打ち所がなく、逆にどこか悪いことがないかを探したぐらいです。

今回のコーディネートがいかに素晴らしかったかを語るには、かなりの長文になるので割愛させて頂きますが、本当に素晴らしかったです。

今回はいわゆる旅モノでしたが、坂本さんを含むCPインターナショナルのあの懐の深さなら、ドキュメンタリーやバラエティ、その他どんな撮影でも対応してくれるのではないでしょうか。

最後に、日本とは勝手が違う外国での撮影で坂本さんの冷静さとおおらかさは何よりも強い味方でした。仮にカナダで撮影があったとしても坂本さんにお願いしたいと思いますので、1日でも早く全世界を把握してください。

テレビ西日本 ディレクター 竹中義博様

【TV番組】奇跡の地球物語

ロケコーディネートありがとうございました

移動距離も長く、なおかつ仕込みの時間も無い中でカズさんには大変なロケだったと思いますが私としてはかなり楽しいロケでした。ありがとうございます!

カズさんはあまり休む時間も無いのかもしれませんが 英気を養って次のお仕事も頑張って下さい。

素敵なメッセージカードも写真もありがとうございます!
またお会い出来ることを!

撮影 中嶋様

お世話になります。
無事、日本に帰国致しました。
オーストラリアでは、本当にお世話になりました。
長距離運転など、色々とありがとうございました!
技術スタッフを含め、良いロケだったとみんな思っております!!

ディレクター 木坂様

【TV番組】BeauTV ~VOCE

編集者生活初となる南半球への出張は、メルボルンでのオーガニックビューティの取材。
数多く海外出張をこなしてきた私ですが、今まで南半球とは縁がなく、同行スタッフも私と同レベル。情報誌持参で搭乗したものの、そんなわけで、空港でCPインターナショナルのスタッフが温かく出迎えてくれたときは、内心ほっとしたのをよく覚えています。

CPインターナショナルとのお仕事は今回が初めて。
滞在中、幾度となく取材時間やスケジュールの変更がありましたが、あうんの呼吸ですばやく対応。結果、予定が遅れることもなく、むしろスムーズ。
だからスタッフ全員の印象は「ほんとうに楽しい出張だったね」というものでした。

とくに、食にうるさいVOCEスタッフのために、レストラン探しにも奔走してくれました。初めての土地での食事は、大きなストレスにもなり得るし、体調を崩す原因にも。さらに後々の印象を左右するので、ほんとうに大事なんです。

でも、CPインターナショナルのおかげで、スタッフ全員が体調を崩すことなく、“メルボルンって最高においしい(笑)”と、笑顔のまま帰国の途につくことができたんです。

ファーストインプレションの安心感から、高いプロ意識に触れ、最終日には信頼感に変わっていたメルボルン出張。また再訪したいと思えたのは、大袈裟ではなく、CPインターナショナルのおかげだと思っています。

VOCE ビューティエディター 安倍佐和子様

今回は、道端ジェシカさんがMCを務める女性が美しくなるための番組ロケということで、リサーチ段階からメルボルンのオーガニックコスメやフードについてご協力いただきました。特にレストランや、ワイナリーは、現地ならではの素晴らしいお店をブッキング頂き、本当にありがとうございました。

ロケ中も撮影時間が決まっていたり、突然夕陽の撮影を入れ込んだりと、急なお願いにも関わらず、その都度臨機応変なご対応で、スムーズにロケを終えることが出来、本当に感謝しております。

ハプニングも色々ありましたが、鈴木さんの柔軟な対応のおかげでスタッフ一同充実した撮影をすることができました。

ジェシカさん含め、ロケスタッフ全員のテンションも高く、メルボルンについても非常に好印象でした。ひとえに鈴木さん、谷津さんの尽力のおかげです!また是非、御一緒できることを楽しみにしております。

フルハウス 佐野悦子様

【TV番組】国別対抗!大食い世界一決定戦

鈴木さん、CPスタッフの皆さん、本当にお世話になりました。皆さんがいなければ、本当に今回の番組は作れませんでした。

スケジュール、ロケーション、天気の運…。撮影が成功するためには幾つもの要素がうまくいくことが必要ですが、大食い番組で必要なのは、何といっても強い大食い選手が発掘できるかどうかです。

今回の番組は「オーストラリアで大会をやるぞ!」と決めたのは良いものの、オーストラリア人の大食い選手を集めるための“情報”も“ツテ”も“時間”さえも無い中でのスタートでした。とりあえず日本でリサーチを始めたものの、うまく進むはずもなく、なかばヤケになって「とりあえずオーストラリアに行って見てこよう」と、ディレクターと2人でシドニーへロケハンに飛んだのですが、その空港で初めて出会ったのが鈴木さんでした。

鈴木さんはひょうひょうとした雰囲気の方で、まずはシドニーの料理店巡りへ。それはそれで大事なロケハンなのですが、こちらの心は落ち着きません。
(大食い選手はどうやって見つけるんだ…!?)
内心イライラして過ごすこと3時間、突如、鈴木さんの携帯にメールが入ったのです。「コンペティティブ・イーティング、大食い協会の会長が会えるそうです。」(コンペ…?大食い協会?会える?何だソレ?)
大食い番組のプロデューサーとしては恥ずかしながら知らなかったのですが、オーストラリアにも、つい最近、大食い選手を束ねる団体が出来ていたんです。その団体を鈴木さんが探し出し、アプローチを掛けてくれていたのでした。もちろん日本でのリサーチでは、そんな情報、少しも掴めていませんでした…。

2日後、急きょ飛んだブリスベンで協会長と会い、交渉は無事成立。よく分かりませんでしたが、鈴木さんが上手に通訳してくれたのだと思います。

もちろん、その1か月半後のロケも大成功。
素晴らしいロケーション、見事なスケジュール調整、グッドな雰囲気作り、おまけに晴天も連れてきてくれて…。ホントに感謝、感謝です。
スーパー・コーディネーターっているんですね。

どこかの国のスットコドッコイなコーディネーターに見せてやりたいと本気で思いました(笑)。

鈴木さん、CPスタッフの皆さん、改めて本当にありがとうございました。
またお会い出来る日を、楽しみにしています!

テレビ東京 三沢大助様

【TV番組】未来の主役

今回のロケはオーストラリア、ニュージーランドの2か国、18日間の長期ロケでしたが大きなトラブルもなく無事に終了し、坂本様には大変お世話になりました。

坂本さんの現場での的確な対応のおかげでストレスを感じることなく、スムーズに撮影を進めることができ大変助かりました。

現場では撮影アシスタント、ロケ車は長距離を一人での運転で大変だったと思いますが、出演者やスタッフへの気配りを最後までしていただいたおかげで楽しく、思い出に残るロケになりました。

またオーストラリア、ニュージーランドでロケをする機会があれば、よろしくお願いします。

株式会社クロステレビビジョン 深澤裕司様

今回、本当にいい子供たちを探していただき、助かりました。
またぜひご一緒させていただければと思っております。
本当に過酷な移動や運転、ありがとうございました。

株式会社クロステレビビジョン 金澤里奈絵様

【TV番組】所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!

ネタよりもなにより、素晴らしかったのはコーディネーターの方のロケの雰囲気作り助かりました。

撮影隊は、長期出張で長期間一緒にいなければいけないので、時に変な空気にもなりますが、コーディネーターの方が先んじてバカをやって頂いて助かりました。
ただ、空港での見送りで最後、最敬礼をして見送るのはやめてください。
恥ずかしかったです・・・

また、一緒に仕事が出来る日を楽しみにしています。

所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ ディレクター 藤野智光様

【TV番組】どうぶつ冒険バラエティ ワンダ!

今回のロケでは、撮影がスムーズに進むように段取り良くスケジュールを組んで頂いたお蔭で問題なく全行程を終えることが出来ました。

食事場所の手配や撮影中の細かいお気遣いなどに関しましても、タレントさんも大満足している様子で我々スタッフ一同も大変感謝しております。

パース空港に着いてから空港を飛び立つまでの間、付きっきりで対応して頂きました。
今後また、パースでの撮影をする際は是非ともご協力頂きたいと思っております。ありがとう御座いました。

株式会社ジッピープロダクション 斉木敏人様

【TV番組】仲間由紀恵の蒼い地球6

かずさん、本当にお疲れ様でした。
いろいろと、何から何までお世話になりっ放しで。。。

バッテリーも、無事ピックアップでき、機材返却も、バッチリでした。
今回のロケ、いろんな意味で大変勉強になりました。

その土地を愛して、その土地のこれからをきちんと考えている皆さんに出会い、お話しをさせて頂き、ほんの少しですが、感じることができました。フランスから、日本に戻り、忙しさに忘れつつあった事を、思いださせてくれた10日間でした。

海外で生活していくこと。いろいろと、ご苦労があると思います。
お身体を大切に、お元気で。また、ご一緒できる日を楽しみにしています。
本当にいろいろとありがとうございました。

VE ふかのちほ様

カズさんの仕事ぶり、大変見事で関心しましたよ!

私も数多く海外のコーディネーターの方とお仕事をさせていただいてますが、細かいところまでの気配りに関心してました。

朝一でロケ車に乗ればクーラーボックスに氷が入っていて冷たい飲み物が用意されていて、食事の時はあらかじめ予約を入れ、待つ事なく食事が取れ、出演者他スタッフもストレスを感じないロケだったと思います。
私たちが部屋を出る前から一足先にいつも行動されていたのですね。脱帽です!

空港でお別れする時にはおみやげとお手紙をいただき、内容も読んでないのに涙しそうでした。自宅に帰ってからお手紙を読まして頂きましたが、手書きで一人一人に渡しているかと思うとまた涙しましたよ。つくずく人の出会いっていいな!って思いました。

ロケも撮影項目はすべて撮れることが出来て大変感謝しております。
本当に有り難うございました。またぜひオーストラリアロケの際にはご一緒したいと思います。

今回は本当に有り難うございました。
待ち受けのコアラのアイマちゃんを見る度にこのロケを思い出すと思います(笑)

株式会社元気 岩堀克巳様

本当に何から何まで、ありがとうございました!
海外ということもあり、私が国内ロケでやっていた苦労事をほぼ丸ごと引き受けていただき、当然私より百倍以上仕事が出来て早い・・・正直助かりました!!

そして最後にメッセージカード。感激です!
私の方は、撮影最終日の夜からホテルで寝ずにナレーションを書き、帰国後編集室へ合流し、徹夜で作業中です。
オーストラリアは、改めてプライベートで行きたいですね。

放送まで引き続きお付き合いいただきますが、宜しくお願いいたします。
そうそう、関係者にオーストラリアのロケはCPで!と、私の推薦書付きでみんなに宣伝しておきます。

株式会社ホールマン 中村智子様

ほんとにお疲れさまでした!

短い仕込みの期間しかなく どうなることかと思いましたが、坂本さんの的確、迅速なコーディネートのお陰で 全て撮り切ることができました。
さすがスーパーコーディネーターさんです!
仲間さんは 来年もオーストラリアでロケしたいと言ってました(笑)

毎日の長時間の運転ほんとにお疲れ様でした。
個人的にも オーストラリアのとりこになってしまったのでプライベートでも伺います。
その時には是非! お酒?お茶?でもご一緒して下さい。

株式会社ホールマン 橋本元康様

【TV番組】逆流!シラベルトラベル

色んな国をロケして来た私ですが、一番驚いたのは「飲み物」です。
たいがい、車移動が多いのが海外ロケの基本で、どっかで買った飲み物が時間がたって、ぬるくなり、またどこかに立ち寄って買い求め、またぬるくなる…って繰り返しですが、車に「CP」と書かれたデカいクーラーボックスを見た時はやるなって思っちゃいましたね!コレだけで相当な時間短縮が出来るんですよ。

子供が勝手にデカくなる程、家を空け、海外でロケをする私にとって、こういう何気ない所に「やるな!」を感じます。冷たい飲み物最高! 気が利いちゃってますよね!!

今回はありがとうございました。お身体を大切にコレからもご活躍下さい。

ディレクター 小峰様

【TV番組】地球街道/オーストラリア東海岸篇

いやあ、楽しかったっすねえ!

また是非、今回のメンバーで仕事したいです。

ありがとうございました!!!

VE 森繁和様

台本もファイリングがちゃんとしていて見易かったし、移動のドリンクも常備していてしかも冷えていてすごく良かったです。

他にも細かいケアもしっかりしていて勝村さんも大満足の様子でした。

またよろしくお願いします。

スタイリスト 高山良昭様

【TV番組】ごきげん!ブランニュ

下見、本番と長い間ありがとうございました。
本番では二転三転と、急なロケ内容変更があり対応に追われて大変だったと思いますが、
CPスタッフ皆様の臨機応変の対応により無事ロケを完了することが出来ました。

照明機材、映像機材のレンタルについてもぎりぎりまで変更が重なりましたが、鈴木さんの迅速な対応で乗り切ることが出来ました。

また、CPスタッフの皆様明るい方ばかりで我々も気持ちよく仕事が出来ました。色々とお世話になり本当にありがとうございました。また、ご一緒する機会があればぜひともよろしくお願いいたします!

照明 道本様

こんな大勢の技術スタッフで海外ロケに行くことはめったにないので、大変になることを想像していきましたが、鈴木さんをはじめ、コーディネーターの方々に本当に良くしていただいたおかげでた、楽しいロケになりました。現地では、いろんな無理を言っていたと思いますが、気持ちよく対応していただいて、ありがとうございました。

特に、今回は、タレント待ちの時間を作らないというのが、制作のテーマでもあった中、コーディネーターの方々の段取りの良さのおかげで、非常にスムーズにロケが進行したと思います。

自分も海外ロケには、何度も行って経験してきたのですが、海外は、日本みたいにスケジュール通りに進まないものです。今回は、出演者、スタッフ合わせて大人数にもかかわらず、スケジュール通りにロケが進行し、本当に感謝しています。ロケ以外の食事や遊びにも、最後の最後までお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。

僕個人的には、ロケハンから本番まで、コーディネーターさんにも、スタッフにも恵まれ、いいチームで、本当に楽しいゴールドコーストロケでした。もちろんゴールドコーストという地も好きになりました。他のスタッフもそう思っていると思います。
今度は、プライベートで遊びに行きますので、そのときは、仕事を忘れてお付き合い下さい。大阪に来られたときは、遊びましょう!これからもよろしくお願い致します!!ありがとうございました。

ABCカメラマン 西田様

大阪のコテコテバラエティ番組で、しかもタレント8人、総スタッフ20人を越える大所帯のロケでした。CPインターナショナルのみなさん、朝早くから夜遅くまでお付き合いいただき感謝しております。急な段取り変更でもすばやく対応してくださったことで、ロケ時間も短縮できました。

ロケコーディネートだけでなく出演者のケアにもお心配りくださり気持ちの良い撮影現場を演出してくださいました。

現地でもっとお話できたら良かったなあと反省してます。赤井英和さんが、昔1ヶ月アフリカで過ごした(ゴールドコースト在住の)コーディネーターさんに会わせてくれたこと大変喜んでおられました。ありがとうございました。

ディレクター 繁澤公様

海外ロケは、コーディネーターで決まる。

2011年4月某日午前、朝日放送「ごきげん!ブランニュ」の一行はゴールドコーストの地に降り立った。開局60周年、さらには番組開始から10周年を記念してのスペシャル企画。総勢30名からになる大所帯。空港ロビーでカートを押す我々を取り囲んだのは赤鬼・青鬼を想像させる大男3人。撮影機材、小道具、個人の荷物などなど、赤鬼・青鬼はいとも簡単にロケバスに積み込んだ。なんとも頼もしいドライバー3人衆。

ホテルに到着、昼食。さあ、ここから怒涛の3日間がスタートする。絶叫マシーン・チャレンジ物・猛獣ふれあい・街ブラ・アホ馬鹿クイズ・インスピレーション川柳…撮影は連日2班、3班に分かれて敢行。またそれと平行してロケハンも行われる。長期ロケがスケジュールどおり進行する訳がない。今回もご他聞にもれず…である。

出演者・スタッフの「お願い・リクエスト」、それは時に「わがまま」と表現されるが、それらに見事に対応し、片付けた。「それが仕事」と言うのは簡単だが、思えばかなりの量と質だった。事故もトラブルもなく撮影が終了。
出演者・スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

鈴木さん、ロニー、花菜さん、マーク、脇さん、シェーン、ラッセル、ブレット、みんなみんなありがとう!!海外ロケは、やはりコーディネーターで決まる。

プロデューサー 吉川孝二様

【TV番組】HOPE希望~海を渡った南三陸の子どもたち~

「海外ロケはコーディネーター次第!」
出国前、諸先輩に口々にそう言われました。

今回が仕事・プライベートも合わせて初海外の私は「海外コーディネーターって、小柄でひょろっとしていて、いかにも”日本人!”っていう感じの神経質そうな人なんだろうな…」などと、勝手に失礼な妄想をしていたのですが、現地の待ち合わせホテルで待っていたのは、なんと予想を180度裏切る、真っ黒に日焼けしたでっかいラガーマン!いきなりのカルチャーショックでした(笑)。
しかし、この身体だけではなく心もでっかいラガーマンYUさんのお陰で、7日間のオーストラリア滞在は素晴らしいものになりました。

私たちの目的は、東日本大震災で心に傷を負った24人の子供たちがオーストラリアでのホームステイで変わっていく様を追うドキュメンタリーの撮影でした。
学校での撮影は生徒がひとところに集まっているので、難はありませんでしたが、大変だったのが、ホームステイ先の取材です。

24軒の家庭とその都度取材交渉を行うことは、敏腕コーディネーターなくしては実現不可能でした。

広大なオーストラリアで子供たちのホームステイ先がまとまっているわけはなく、平均して1軒が30キロほど離れた各家庭をベストタイミングで取材して回れたのも、YUさんの臨機応変さのお陰です。

ラグビーが一番のスポーツとして崇められているオーストラリアでは本物のラガーマンでもあるYUさんが一緒にいてくれたことで、ホストファミリーがすんなり心を開いてインタビューに応えてくれることも多く、とても助かりました。(YUさんの人柄のあたたかさも大いに貢献していますが。)

子供たちとホストファミリーとの心が通い合って行くさまに、一緒になって笑い、涙してくれたYUさん。取材クルーとコーディネーターの間にもしっかりと絆が結ばれた撮影でした。

素晴らしいコーディネーションに本当に、本当に、感謝しています。
ありがとうございました!
またオーストラリアへ行く際は、どうぞ宜しくお願いします!

東北放送 齋藤寛子様

【TV番組】知っとこ!/世界の朝ごはん・ゴールドコースト篇2011

毎日放送「知っとこ!世界の朝ごはん」のロケで毎回お世話になっております!
今回はロケのお願いが冨永さんに伝わったのがロケの5日前、、、、それなのに快く引き受けていただきありがとうございました!!

しかもそんな時間の無い中、ロケ先を完璧に仕込んでいただき非常に助かりました!!!
おかげでとても楽しいロケになりました!

仕事はもちろんプライベートでも、またオーストラリアに行きたいです!
その時は宜しくお願いします!!!

プロジェクトドーン ディレクター 三澤真様

【TV番組】グッと!地球便/ブリスベン:コアラボランティア篇

海外ロケはコーディネーターさんの良し悪しにとても左右されると聞いていましたが、坂本さんで本当に良かったと思います。
段取りの良さはもちろん、細やかな気配りで快適な撮影環境を作ってもらえました。

撮影期間中ずっと晴れていたのも、きっと『晴れ男』坂本さんのおかげでしょう!最後に空港でもらった手書きの手紙にはグッときました。同封されていたお土産もセンスが光ってましたよ。オージーガール最高!

また仕事でオーストラリアに行く時は、ぜひ坂本さんにお願いしたいです。
プライベートで行く機会があればその時も!いい所教えて下さい・笑。
またお会いできる日を楽しみにしてます。それでは。

読売テレビ放送株式会社 技術局映像部 坂口様

今回はブリスベンにある『モギルコアラ病院』を中心とした撮影で、坂本さんにお世話になりました。

番組の性質上、急な撮影や予定変更も多々ある中、臨機応変かつすばやく対応をしていただき、ほんとうに助かりました。

また常にケータリングが用意されてたり、何かお願いしたときには既にやり終えたあとだったりと、テレビのロケ現場をよくわかっておられ、その細かな気配りによって余計なストレスなくロケに集中できました。

事前のリサーチからロケ後のケアまで、本当にありがとうございました。楽しい5日間でした。打ち上げのバーベキュー、またできる日を楽しみにしています!

読売テレビ放送株式会社 「グッと!地球便」番組ディレクター 高柳様

【TV番組】グッと!地球便/フレーザー島:エコガイド篇

もうCPさんにお世話になって3度目ですが、完璧です。
細かいロケスケ、資料揃えてもらって世界でもダントツだと思います。

鈴木さんにもいろいろと気を使ってもらい、かなり助かりました。またお世話になります。
間違いなく!今度は、鈴木さんと坂本さんダブルでお逢いしたいです。
よろしくお願いします。

カメラマン 馬崎様

今回は世界遺産のフレーザー島とゴールドコーストでの撮影でCPさんにお世話になりました。

予定していなかった撮影などにも臨機応変に対応して頂き、とてもスムーズに撮影が出来ました。
誠に感謝しております。

またオーストラリアでご一緒できることを楽しみにしております。

ディレクター 寿木様

【TV番組】Railway Story

WOWOW開局から続く、鉄道紀行番組レイルウェイストーリー。
昨年12月下旬、急遽3月放送予定枠が決定、取材地の検討に入りました。

海外撮影は、コーディネーター選びが第一。
年末年始のお休みもあり、準備期間が短い中、頭に浮かんだのが、CPインターナショナルさんです。

個人的には、12年ぶりのオーストラリア、およそ5000kmの鉄道取材。準備万端なコーディネーターの坂本さんと、ゆる~いドライバーの凸凹コンビで撮影は進みました。

あまりにも長距離な移動の為、列車の発着時間が読めず走行シーンを撮影する際には、かなりドキドキしましたが、XPT号、ジ・オーバーランド、ザ・ガンなどの列車達、イメージ以上の撮影が出来ました。

本当に、私たちにとって信頼のおけるコーディネーターさん達は、財産ですね。

ただ、オーストラリアロケの欠点は、ご飯がおいしくて太ってしまう事ですね。
結局今回も2週間で2キロ太ってしまい現在ダイエット中です。
次回は、大陸横断鉄道インディアン・パシフィックとタスマニアの保存鉄道取材かな?
その時は、またお世話になります。

ワンハート ディレクター 牧野栄次様

【グラフィック】メトロミニッツ(No.101)

取材中はいろいろとお気づかいいただきありがとうございました。

後半は天気が崩れましたが、うまくスケジューリングしていただいたおかげで、曇り空はほとんど写っていないと思います。

ドライブあり、バーべキューあり、土ボタルありで、とても楽しかったです!
ぜひぜひまた会いましょう。

ライター 高井様

【グラフィック】地球の走り方

今回の取材では短い期間でしたけれど、取材スポット以外にも、こちらのリクエストに応じて臨機応変に動いていただき、大変感謝しています。

オージーの最近の流行りモノとか、人気のお店なども教えてただき、仕事とはいえ、大変楽しい時間を過ごすことができました。ムシムシの梅雨まっただ中の日本に帰国し、ゴールドコーストの爽快な空気を懐かしんでいます。

次にオーストラリアの取材の機会がありましたら、もっと時間をかけていろいろな場所を訪れてみたいと思っています。またぜひお世話になる機会がありますことを楽しみにしています。

「地球の走り方」ライター 永田さち子様

ゴールドコースト・マラソンの取材で当地を訪れました。

今回は、コース案内だけでなく、アフターランを楽しむための、見どころやレストランの取材も行いましたが、坂本さんのコーディネートのおかげで、すべてスムーズに進行でき、本当に助かりました。
おかげで時間に余裕ができ、自分たちの買い物をする時間もできました。

移動中、ゴールドコーストのみならず、オーストラリアの暮らしや文化、スポーツから政治に至るまで、興味深い話がたくさん伺えたのも、とても有意義でした。ありがとうございました。

「地球の走り方」編集担当 永岡邦彦様

【グラフィック】JAL Travel Cafe

当方の編集意図をきちんと汲み上げたうえで、適切なコーディネイトをしていただきました。

現場判断で柔軟に対応してくださったことも、いい取材ができた要因でしょう。

また、ローカルの生活習慣に精通していたことは、ニュアンス豊かな記事を仕上げるうえでとても役に立ちました。

コピーディレクター 小林様

【グラフィック】さおり&トニーの冒険紀行 オーストラリアで大の字

コーディネーターさんはとても細やかな神経の持ち主でいろいろなことに気遣いができる人。
機転が利いてフレンドリー、おまけに同時通訳可能な才媛。

取材中はとても頼りになりました!

感謝!

編集 大嶋峰子様

【ラジオ/グラフィック】J-WAVE/ホリデースペシャル BLUE PLANET

大変、お世話になりました。
本当に坂本さんのお陰で無事に終えることができました。

全てにおいて先を読んでいただき、魔法の玉手箱のように様々な物が出てくる鞄にはただただ感動させられっぱなしでした。

お手紙までありがとうございました。

鈴木登世宏様

フォトグラファーとして色んな場所を訪れ、多くのコーディネーター達と接してきましたが坂本さん程気が利く方に会った事はありません。

常にわがままな要望にも笑顔で応えてくれたし、予想もしないトラブルにもスムーズに対処してくれました。何より優しくて接しやすい彼の人柄にはスタッフ全員感銘していました。

それではまたオーストラリアに訪れたときは是非ともよろしくお願いします。

フォトグラファー 桐島ローランド様