C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

プリングルズ商品CM

スナック菓子「プリングルズ」のCMの撮影をお手伝いさせていただきました。
プレイ中に観客がプリングルズを食べている音でゲームに集中できなくなる選手が登場するCMですが、皆さん既にご覧いただいてますでしょうか?

今回のCMの舞台はテニスの国際大会ということで、まずは国際大会レベルのテニスが行われる会場探しから始まりました。幸いオーストラリアはテニスの四大大会の一つである全豪オープンが行われる国であり、スポーツとしてのテニスは全国的に人気が高く、会場も豊富にあります。
今回撮影が行われたのは弊社地元のブリスベンにあるQueensland Tennis CentreのPat Rafter Arena。あの錦織選手が参戦しているBrisbane International大会が毎年ここで行われています!

出演するテニス選手は何度か行われたオーディションの結果で決まりましたが、プロのテニス選手ではありませんので、特訓が必要となりました。そこで、プロ選手の色々な癖を良く理解しているコーチをアドバイザーとして、プロらしいプレイができるように一緒に練習を行ってもらいました!

更にCMでは上記選手のパートナーが逆モヒカンとなってしまいますが、なんと、あれは実際に逆モヒカンになっています!

ボールの威力がすごくて。。。

ではありませんが、スタイリストによるカットで見事な(本当の)逆モヒカンとなっています。
当初はカツラの使用なども検討しましたが、リアリティーを求めたいという制作スタッフの希望もあり、キャストがそれに応えた形になっています。その分、CMの仕上がりが面白くなっています。ロケ現場も逆モヒカンの登場でかなり盛り上がっていました!キャストの頑張りに心の奥底より感謝です!!

キャストに加え、上記スタイリストを含む撮影スタッフも全員現地での手配となりましたが、今回のCMのストーリーのユーモアは万国共通なところもあり、現場は楽しく進行することが出来ました。

ポスプロ作業の一部もブリスベンのスタジオで行っています。全体のトーンに撮影を行ったDOPの意向も反映したいということで、地元スタッフのDOPがカラリストと一緒にカラコレ作業を行いました。

また、今回は、CMの撮影に加え、今回はグラフィックの撮影もブリスベンで行っています。
地元カメラマンとの意気のあった撮影で主役のテニス選手のプリングルズを欲しがる良い表情が撮れています。

ブリスベンにはテニス以外に、サッカー、ラグビー、クリケット、水泳、野球、バスケットボール、ネットボール、陸上など多くのスポーツの会場を備えています。
このようなロケーションをご検討の皆様、是非ご連絡下さい!

【お客様の声】