C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

ザ!世界仰天ニュース/14歳中学生 心の闇

【日本テレビ】ザ!世界仰天ニュース/14歳中学生 心の闇の撮影コーディネートをさせて頂きました。

今回もゴールドコーストの役者を起用した再現ドラマの撮影。
今回のテーマは、『SNSで「いいね!」をもらう為に過激なダイエットを行った14歳女子中学生』という実際に起こった出来事です。

  

 

《コーディネートポイント1》『痩せる前』と『痩せた後』の少女をキャスティング

仰天ニュースの再現ドラマは、出来る限り事実を再現する必要があるため、今回も実際の14歳少女に似た役者をキャスティングする必要があったのですが、加えて『痩せる前の少女』と『痩せた後の少女』のビフォー&アフターに対応したキャスティングを行う必要がありました。

お問い合わせ頂いた時から、そこが今回の再現ロケのキモであると、モデルエージェントとも、双子や似た姉妹をメインにキャスティング準備を進めました。

最終的にはディレクターの希望通りの見た目も体系もそっくりな二人を起用することが出来ました!

 

《コーディネートポイント2》短時間での各ロケーションの仕込み

お問い合わせから撮影開始まで非常に時間の無い中でのロケとなりました。

上記の通り、キャスティングに一番の時間を要すると予想できたので、必要なロケーションは全て近場にまとめることで、各準備をコンパクトでスムーズに進行出来るように整えました。

日本の制作スタッフの素早い的確な決断にも助けられ、学校、カフェ、自宅シーンなど各ロケーションを短期間ですべて問題なく手配することができました。

 

《コーディネートポイント3》細かい美術手配

主人公がSNSに自分の写真を投稿するシーンが多かったのですが、携帯電話をはじめ、携帯ケース、携帯電話内の画面なども細かい部分もしっかりと美術手配を行い再現撮影を行いました。

この様な一見目立たないディテール部分にも、注目して頂けたら嬉しいです。

  

 

 

【オーストラリア、ニュージーランドで撮影をご検討の制作会社の方へ】

弊社の特徴の一つに、ドラマ撮影のコーディネートを多く手がけていることが挙げられます。

仰天ニュースの再現ドラマをはじめ、連続テレビドラマや映画の撮影経験・知識が豊富にございます。

そのため、台本から読み解くキャスティング、ロケーション、スタッフィングなど、ドラマに適した各種コーディネートには自信があります。

ドラマや映画はもちろん、ドラマ仕立てのPVなどの撮影の際は、キャスティングから予算的なことまで、お気軽に弊社は東京オフィス(03-5437-5546)・嶋田までご連絡下さい。

東京オフィスもございますので、お電話はもちろん、東京で直接お会いして打ち合わせをすることも可能です。

SHIMADA
嶋田祐(Yu Shimada)
東京オフィスマネージャー
03-5437-5546