C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

世界の何だコレ!?ミステリー/1時間に2000回の雷が落ちた街

【フジテレビ】世界の何だコレ!?ミステリー/1時間に2000回の雷が落ちた街の撮影コーディネートをさせて頂きました。

今回のテーマは『身近に迫る自然の脅威スペシャル』。世界中の自然が生み出す脅威的な現象を取り上げるのですが、我々が担当した企画は『1時間に2000回の雷が落ちた街』。オーストラリアのダーウィンで発生する雷です。

  


《コーディネートポイント1》ロケに適した現地専門家の起用

今回は撮影のメインは『落雷』。数多く落ちる場所ではありますが、そこは自然現象。いつ、どこに落ちるか正確には分かりません。
そこで今回は、雷の専門家『ストームチェイサー』のマイクさんを起用。
雷が落ちる積乱雲を追うことからストームチェイサーと呼ばれており、オーストラリア気象局にも情報を提供する程の専門家です。
彼の専門知識と豊富な経験によって、見事に『落雷』を収めることが出来ました。

専門家の選択・起用はロケ結果に関わってくるため、状況や情報をよく判断することが大切です。今回は適任の専門家起用が行えたと思います。

 

《コーディネートポイント2》予算管理

自然現象を追う企画だったため、いつ撮影が出来るか保証出来ないロケでした。
限りある予算の中で、最長ロケ日数パターンと最短パターンを作成してロケ内容を検討するなど、常に予算管理を意識した撮影を行いました。
ロケ中の予算管理も大切な撮影コーディネーターの仕事です。

 

 

【オーストラリア、ニュージーランドで撮影をご検討の制作会社の方へ】

撮影内容によっては、専門家を起用することがあります。
専門家としての経験はもちろん、企画内容に合っているか、撮影に協力的な人物であるかなど、総合的な観点から判断して起用していきます。

弊社では今まで協力を頂いた各分野の専門家の方達は大勢おります。彼らのリストはもちろん、起用に至るまでのプロセスなど豊富な経験を持っております。

専門家が必要になりそうな企画でも、ご安心して、お気軽に弊社は東京オフィス(03-5437-5546)・嶋田までご連絡下さい。

東京オフィスもございますので、お電話はもちろん、東京で直接お会いして打ち合わせをすることも可能です。

SHIMADA
嶋田祐(Yu Shimada)
東京オフィスマネージャー
03-5437-5546