C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

巨大サメ、釣ってみませんか!?

オーストラリアには素手で巨大なサメを釣る男がいます!!

 


TBDsharkfishing

オーストラリアでライフガードをしているマックス・マガーリッジさん
実は彼、オーストラリアのニュースでも取り上げられる程のことをしているんです。


なんと!!!

 

素手で巨大なサメを捕獲してしまうんです!!

 

 

どれ位大きいの!?

 

TBDsharkfishing
 
自己最高記録は4.4mのタイガーシャークで500kg以上だそうです!!
過去に捕獲したサメは、イタチザメ、オオメジロザメ、シュモクザメ、レモンシャークなど200以上。

 

 

どうやって釣るの!?



TBDsharkfishing

捕獲方法はまずは浜からサメ釣りをします。餌が大きくて重いので、ビーチから投げることができないため、 カヤックで沖の300〜400mの落ち込みがあるサメがいるエリアまで行き、餌を落として岸に戻ってくる。 竿はビーチにあるロッドホルダーに置いておき、仕掛けた餌にサメが食いつくのを待つ。釣り竿と釣り針が基本的な道具となり、大物用のゲームフィッシングギアで最高級のものを使っています。

引っかかったサメを捕獲するには、大きさや重さによって、巻いたり、走らせたりしながらサメが疲れるのを待ちます。サメにもよりますが、20分から4時間かかります。ある程度ビーチ近くの、水が胸くらいの深さまでたぐり寄せたら海に入り尻尾をつかんで、引き上げます。 大物になるとレスリングのようになります。

最終的には研究目的のためにタグ付けしてリリースします。
ここが少しポイントですが、オーストラリアでは規則で捕まえたサメはタグを付けてリリースする必要があります。サメはオーストラリアでは保護された動物に指定されている為です。

ただし!!
マックスさんの元であれば、タレントさんも捕獲にチャレンジできます!!

 

撮影場所、時期

 
●フレーザー島、クイーンズランド州の全域、ニュースサーウスウエールズ州の北部など。
●ベストシーズンは9月~4月!
 

 

こちらの撮影をご希望の制作会社の方へ!


ご興味のある制作会社の方は、お気軽に弊社は東京オフィス(03-5437-5546)・嶋田までご連絡下さい。

東京オフィスがございますので、お電話はもちろん、東京で直接お会いして打ち合わせをすることも可能です。
SHIMADA
嶋田祐(Yu Shimada)
東京オフィスマネージャー
03-5437-5546