C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

フジテレビ 世界の絶景100選

フジテレビ「世界の絶景100選」の撮影を行いました。

今回で12回目を迎えた人気特番。しかも今回は番組開始以来ついに紹介して来た世界中の絶景が100箇所に到達。その中でNo1を視聴者投票によって決定しようという4時間スペシャル。そして番組の大トリ、記念すべき100番目に紹介される絶景に選ばれたのが「エアーズロック」です!
その絶景を紹介する旅人に選ばれたのは 若手人気お笑いコンビのオリエンタルラジオのお二人。しかも初の海外ロケ!中田さんも、藤森さんもほぼ海外旅行経験はない状態。そんなお二人の初海外ロケが絶景であり、アボリジニの聖地「エアーズロック」でした。
絶景「エアーズロック」とは、エアーズロック自体もそうなのですが、時間によって変わりゆく姿こそが絶景なのです。●日の出にエアーズロックの真後ろから太陽が登ってくる時に現れる「黒いエアーズロック」。●日中、太陽に照らされて現れる「赤いエアーズロック」。●極めつけは日没。しかもエアーズロックの上空を雲が覆い、それらを夕日が照らす日没にのみ現れる「紫のエアーズロック」。この刻々と変わる姿こそが絶景と言われる所以なのですが、特に3番目の姿はいつでも見られる訳ではありません。
その瞬間を待ちわびていると、エアーズロックの周りにイイ感じに雲が散らばり、地平線付近の雲が切れ、空一面を紫色にそめる光が包みました。その中に浮かび上がったエアーズロックはまさに奇跡の絶景と呼ぶにふさわしいものでした。わずか数分の出来事でしたが、スタッフ一同感動に包まれた瞬間でした。最初の海外ロケで、こんな絶景を見ることが出来たオリエンタルラジオのお二人はとてもラッキーな方ですね!
また、お二人にはただエアーズロックを訪れるだけではなく、アボリジニ文化に触れ合っていただいたくためにアボリジニの伝統的な食事ブッシュタッカー取り(ブッシュバナナ、ハニーアント「蜜蟻」、イモムシなど)を行ったり、エアーズロックへ向かう途中には、荒野でのバーベキューとキャンプなどにも挑戦していただきました。全ての体験はきっとお二人にとって忘れられない思いでになった事かと思います。
さて、今回撮影準備でなにより気をつけた事は、アボリジニの方たちへの配慮です。
エアーズロック(ウルル)は、世界遺産であると同時にアボリジニの聖地としてたいへん厳しくなおかつ大事に保護されています。撮影許可の取得にもさまざまな条件がございますし、撮影許可が下りてもエアーズロック(ウルル)のどこでも撮って良い訳ではありません。たいへんきめ細かく撮影しても良い場所、ダメな場所がきめられており、そのルールを守る事が撮影中も義務付けられます。
また、アボリジニの方たちは一族や部族のつながりを大事にされるので、許可書だけでは成り立たない「気持ち」の部分も大切にしなければなりません。今回のロケを通して弊社コーディネーターも、よりアボリジニ文化を理解できたことを嬉しく思います。
アボリジニ文化やエアーズロック(ウルル)の撮影に関しては、是非弊社までご連絡下さい。
http://www.fujitv.co.jp/zekkei100/oz.html