C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

南半球の極上都市へようこそ

フジテレビ・CS、ワンツーネクストの『南半球の極上都市へようこそ ~絶対行きたくなる魅惑のメルボルン~』の撮影を行いました。
テーマは「食」と「ファッション」
オーストラリアNo1のおしゃれ都市・メルボルンの魅力をぎっしり詰め込んでのロケとなりました。

リサーチ段階では、さすがはメルボルン、おしゃれなお店や、おいしいお店が多く、なかなか絞りきれません。選びに選んで、苦渋の決断で諦めた所も数多くあるのですが、それでもロケ期間3日半で、取材した場所はなんと約30ケ所!!しかも途中に往復300Km&100Kmの2度の長距離移動もあります。移動途中にも素敵な場所が見つかるので、さらに寄り道もしながら、毎日、日の出と同時に、日暮れまで息つく暇も無く撮影が続きました。
さすがに、ここまでタイトなスケジュールだと、いつもにも増して綿密な事前準備は欠かせませんでした。ロケ先の都合をふまえた上で、効率の良いスケジュールを作成することはもちろんですが、移動ルートについても、時には車で、時には徒歩でと最善ルートを検討し、現場ではドライバーさんと連絡を取り合いながら進めて行きました。移動時間も貴重な撮影時間になりますので、車移動はドライブショット、徒歩移動は、なるべくおしゃれな通りを選びながらの街歩き撮影となりました。それでもどうしても撮影が延びたり、途中で素敵なお店があって飛び込みで交渉して撮影箇所が増えたりすることも多々あったので、その場その場で、撮影もしながら、その後のスケジュール調整を行うという作業を繰り返しながらの行程でした。
天気の変りやすいメルボルン、予報もあまり良くなかったのですが、クルー全員の気合いで雨雲をふっとばしました。ロケ終了間際に小雨が振り出し、終了と同時に計った様に大雨。。神様は、きっとがんばる姿を見てくれているのだと思いました。
日本クルーのみなさんが、口を揃えて驚いていたのが、ロケ先のオーストラリアの人々の優しさでした。どこのお店の方も、親切に、一生懸命お手伝いしていただけました(しかも、メルボルンは美男&美女が多い!)。撮影の度に、毎回思いますが、こういう優しさに支えられているのだなあとつくづく思います。みなさん、オーストラリア初めてだったようですが、大好きになっていただけた様です。きっと番組をみていただけた視聴者の方々にも大好きになっていただけると信じています。好評間違い無しだと思いますので、今から第2段、もしくは、他の都市の撮影お待ちしております!!
─────────────────────────────────
《撮影スタッフの方からのお声をご紹介させて頂きます》
今回のオーストラリア・メルボルンのロケは制作としてはあまりに時間がなく、仕込みや許可申請に関してかなりの不安を感じていました。しかしCP坂本さんの迅速な対応と行動力でロケ当日には全ての段取りが整い、あの不安はなんだったんだと思いながら撮影をしていました。
これまで様々なコーディネーターの方と仕事をしましたが、これほど完璧な人物は見当たりません。それは現場での立ち振る舞いはもちろん、夜ご飯のお店のチョイス、ロケ車に積んである飲み物の充実ぶり。どれをとっても非の打ち所がなく、逆にどこか悪いことがないかを探したぐらいです。今回のコーディネートがいかに素晴らしかったかを語るには、かなりの長文になるので割愛させて頂きますが、本当に素晴らしかったです。
今回はいわゆる旅モノでしたが、坂本さんを含むCPインターナショナルのあの懐の深さなら、ドキュメンタリーやバラエティ、その他どんな撮影でも対応してくれるのではないでしょうか。
最後に、日本とは勝手が違う外国での撮影で坂本さんの冷静さとおおらかさは何よりも強い味方でした。仮にカナダで撮影があったとしても坂本さんにお願いしたいと思いますので、1日でも早く全世界を把握してください。
【テレビ西日本 ディレクター 竹中義博様】
私どもテレビ西日本は、福岡の県域テレビ局です。福岡空港と博多港の利便性から、よくアジア各国の特集番組を放送しています。
初のオーストラリアロケでしたが、現地の方々の親しみやすさにスタッフ一同感動しました。アジアの国にいるかのように、人々が温かく、そして居心地がよく日本にいるのと違和感なく取材ができました。何よりゴールドコーストがベースのCPインターナショナル様にはわざわざメルボルンまでお越し頂きコーディネート頂きました。何よりディレクターの考えを尊重していただき、無理融通を聞いて頂いたことに感謝いたします。
【テレビ西日本 池谷正明様】
CPの坂本さんはスケジュール管理がしっかりしているのはもちろん、車内での飲み物食べ物を用意して頂いていたり、寒い所で薄着だった僕にジャケットまで貸してくれてとても気の使い方に感動しました。
また、僕のくだらない質問にも、全力で答えて頂いたり、トークにメルボルンジョークを入れてくるところに、坂本さんの優しさと温かさを感じました。
撮影終了後でお仕事時間外なのに、ご飯のおいしいしお店や、観光スポットに案内して頂き、本当に何から何までよくして頂きました。コーディネーターとしてだけでなく人としてとても素晴らしい方だと思いました。
【ノボせもん なべ様】
この度は本当に本当にお世話になりました!!私が未熟なばっかりに必要以上に時間も手間もかけさせてしまって本当にすみません。。坂本さんがコーディネートしてくれなかったら、こんなに充実したロケはできなかったと思います!! 分刻みでスケジュールを実行してくれて、いつも冷静で何を聞いても的確に答えてくれる坂本さんには感動しました☆
街に自然にグルメに、本当にメルボルンを満喫できて、すごく楽しい旅でした♪人も優しくて陽気で…リアルにオーストラリアに住みたい!!と思った位です♪綺麗な海でサーフィンをしてる坂本さんを想像したら、うらやましくてしょうがないです!!
もう是非ゴールドコーストにも遊びに行きたいです!! 素敵な彼ができる気配もないので……1人か…女友達を引き連れていきます!! その時はよろしくお願いしますね♪♪
素敵なお手紙とメールまで頂いて…本当にありがとうございます。大事にします。こんなに素敵な方と出会えて、一緒にお仕事できて幸せです。4日間ありがとうございました!!
【明石昌子様】
番組へのリンクはこちら
↓   ↓   ↓
http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/910200141.html