C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

地球絶景紀行

安田成美さんが旅人としてナーレーションを行うBS-TBS「地球絶景紀行」の初オーストラリアロケを行いました。ロケ地はシャーク湾篇とウルル、カタ・ジュタ篇の2回分の放送を撮影。

【シャーク湾篇】
まずは州都パース。ここではワイルドフラワー祭りが行われるキングズパークでの出会いから、パースの北、シャーク湾まで旅することに。
シャーク湾では一面貝殻のシェル・ビーチや初めて酸素を生成したストロマトライトが生息するハメリンプールで撮影。また、ジュゴン探しのクルーズや野生イルカへの餌付けなど、動物との触れ合いも体験。最後は現地のガイドの案内で夕日の絶景スポットへ。海に沈んでいく太陽とともに、赤く染まっていく海岸沿いの崖にスタッフの皆さんは感動していました。
【ウルル、カタ・ジュタ篇】
旅の出発点は南オーストラリア州のアデレード市。英国風の街並みを持つ都市です。ここではアボリジニ・アートのお店での出会いから、オーストラリアを縦断する鉄道ザ・ガンに乗車。ウルルへの経由地であるアリス・スプリングズまでは1泊2日の旅。約1,500kmの道のりでは様々な風景を楽しむことができ、また車内では列車での長旅を楽しむオージー達とのインタビューや、食堂車での豪華な食事の様子なども収録。
弊社では何度も撮影をしているウルルですが、今回もお馴染みの国立公園のメディア担当者のもと、時間いっぱい利用し、日の出から星空の夜景までの風景を撮影しました。また、若いアーティストによるアボリジニ・アートの実演も行い、文化的な側面にも触れています。
短い期間で移動距離の多いロケでしたが、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。オーストラリアには絶景がまだまだたくさんありますので、是非次回の来豪をお待ちしております。
弊社では、今回撮影をしたパース、シャーク湾、アデレード、ウルル、カタ・ジュタはもとより、オーストラリアの全土の鉄道ロケなども行っております。これらの撮影にご興味のある制作会社の方は弊社東京オフィス・嶋田までお気軽にご連絡・ご相談ください。
「地球絶景紀行」番組へのリンクはこちら
↓   ↓   ↓
シャーク湾篇
ウルル、カタ・ジュタ篇