C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

BeauTV ~VOCE

ファッション雑誌「VoCE」と、VoCEと連動したテレビ番組「BeauTV」のメルボルン合同ロケをコーディネートさせていただきました。

雑誌チームはジュリアナさん、テレビチームは道端ジェシカさんを迎え、それぞれのチームに別れて別々のスケジュールでの撮影でした。雑誌とテレビが連動しているということで、いくつかのロケーションは2チームとも取材する形となり、さらに商品撮影などを入れると3~4回おじゃまする形となりましたが、取材先に迷惑のかからない時間帯で、かつ2チームがバッティングしないように、事前準備段階での調整を行いました。
ロケ期間中もそれぞれのチームのコーディネーターが、変更や追加リクエスト等に対して撮影許可やスケジュールを調整しながら、お互いに連絡を取り合って、スムースに撮影が出来ました。
現場につきもののトラブルにも臨機応変に対応し、撮影スタッフやモデルさんに快適な撮影現場を提供できるよう、最大限のサポートをさせていただきました。
取材箇所は、メルボルン随一の温泉ペニンシュラ・ホットスプリングスと、メルボルンの台所と呼ばれるクイーンビクトリアマーケットに加え、イソップ、ジュリークなど日本でも話題のオーガニックコスメ、様々なお茶が楽しめると人気のお茶屋さん、T2などなど、女性には見逃せない最新情報盛りだくさんとなりました。
雑誌やテレビの取材では、現地の最新情報が不可欠となります。そんな時に頼れるコーディネーターをお探しのみなさん、CPインターナショナルまでご一報下さい。
───────────────────────────────
《撮影スタッフの方からのお声をご紹介させて頂きます》
今回は、道端ジェシカさんがMCを務める女性が美しくなるための番組ロケということで、リサーチ段階からメルボルンのオーガニックコスメやフードについてご協力いただきました。特にレストランや、ワイナリーは、現地ならではの素晴らしいお店をブッキング頂き、本当にありがとうございました。
ロケ中もジェシカさんの撮影時間が決まっていたり、突然夕陽の撮影を入れ込んだりと、急なお願いにも関わらず、その都度臨機応変なご対応で、スムーズにロケを終えることが出来、本当に感謝しております。
ハプニングも色々ありましたが、鈴木さんの柔軟な対応のおかげでスタッフ一同充実した撮影をすることができました。
今回は撮影週の週末にF1GPが開催され、バトンが優勝したこともあり、ジェシカさん含め、ロケスタッフ全員のテンションも高く、メルボルンについても非常に好印象でした。ひとえに鈴木さん、谷津さんの尽力のおかげです!また是非、御一緒できることを楽しみにしております。
【フルハウス 佐野悦子様】
編集者生活初となる南半球への出張は、メルボルンでのオーガニックビューティの取材。数多く海外出張をこなしてきた私ですが、今まで南半球とは縁がなく、同行スタッフも私と同レベル。情報誌持参で搭乗したものの、そんなわけで、空港でCPインターナショナルのスタッフが温かく出迎えてくれたときは、内心ほっとしたのをよく覚えています。
CPインターナショナルとのお仕事は今回が初めて。滞在中、幾度となく取材時間やスケジュールの変更がありましたが、あうんの呼吸ですばやく対応。結果、予定が遅れることもなく、むしろスムーズ。だからスタッフ全員の印象は「ほんとうに楽しい出張だったね」というものでした。
とくに、食にうるさいVOCEスタッフのために、レストラン探しにも奔走してくれました。初めての土地での食事は、大きなストレスにもなり得るし、体調を崩す原因にも。さらに後々の印象を左右するので、ほんとうに大事なんです。でも、CPインターナショナルのおかげで、スタッフ全員が体調を崩すことなく、“メルボルンって最高においしい(笑)”と、笑顔のまま帰国の途につくことができたんです。
ファーストインプレションの安心感から、高いプロ意識に触れ、最終日には信頼感に変わっていたメルボルン出張。また再訪したいと思えたのは、大袈裟ではなく、CPインターナショナルのおかげだと思っています。
【VOCE ビューティエディター 安倍佐和子】
番組へのリンクはこちら
↓   ↓   ↓
http://www.tv-asahi.co.jp/beautv/bk/index.html