C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

大手国内自動車メーカー/WEBプロモーション素材

大手国内自動車メーカーのWEBプロモーション素材の撮影コーディネートをさせて頂きました。

 
世界一周6都市を回る壮大なロケの最終地として選ばれたのが、世界的にも有名なビーチリゾート、オーストラリア・ゴールドコースト。そのゴールドコーストでの撮影を全力でお手伝いさせていただきました。

■カメラアングルを確認中! ■早朝の日の出と共に待機中! ■ドリームタイムで撮影!

 

コーディネートポイント1・効率的なスケジュール

 
3日間という短い滞在でしたが、初日のロケハン、2日目は早朝からの撮影、午後からは次回以降また来ていただくためのロケハン、夜も引き続きロケハン、3日目は帰国便の前に再度早朝の撮影と、限られた時間をめいっぱい使って、盛りだくさんの内容となりました。
 

コーディネートポイント2・寒さ対策

 
冬のオーストラリアの海で、早朝日の出前から準備開始ということで、現場近くのウッドデッキにテーブルとイスを設置してベースを作り、ベンチコートを羽織り、懐中電灯を照らしながらの作業でした。コーヒー、コーンスープ、みそ汁で体を温めながら日の出を待ちました。
ゴールドコーストは年間晴天日数300日と言われるほどで、天気は最高、徐々に顔を出す太陽を見ながら、最高に気持ちいい朝を迎えることができました。
※小話
世界的にも有名な美しいゴールドコーストのビーチを最も美しく撮影するために、撮影スタッフは波打ち際の奥まで突っ込んでカメラを構えました。
その様子をスナップしようとプロデューサーも突っ込み、そこでコーディネーターもロケ風景を写真に納めようとさらに奥まで突っ込みました。
そして、打ち寄せる波から逃げる際に足を取られて転倒。。。
下半身は完全に水に浸かったものの、カメラを持った右手は高々と空を向いていました。
意外なことに海水は暖かく、冷えきった早朝の砂浜よりも快適なことを体感することができました。
 

お客様の声

 
今回は、某自動車メーカーのWebコンテンツの企画で新型車種が『世界中の道を疾走する!』と言った内容の、撮影でCPインターナショナルさんには、オーストラリアを担当していただきました。
アジアを皮切りに中東、EU、北米、オセアニアと様々な国を駆け足で周ってのロケ撮影でしたが、最終ロケ地のゴールドコーストでは、スタッフもかなりの疲労が蓄積しておりました。
そんな中、ご担当いただいた鈴木さんには、ロケーション自体のコーディネートはもちろんのこと、食事やその他、撮影進行についても、的確でご丁寧な対応と、お気遣いには『さすがCPさん!』と言うのが私の感じたところです。
要するに、私がロケ撮影を成功させるために大切にしているキーワードの、『安心感』と『期待感』がCPインターナショナルさんには充分すぎるくらい備わっていると再確認させられました。
これからもクライアントへは海外ロケーション撮影を提案していきますので、オーストラリアの素晴らしいロケーションをご提供いただきたく、今後も末永く、お付き合いいただければ幸いです。
(セットクリエイト株式会社 取締役/プロデューサー 川井克彦様)
 
大変お世話になりました。
最後の最後まで、お付き合い頂き有難うございました。
沢山の写真 有難うございます。
腰まで波に打たれての撮影、何だか楽しかったです。
冬だという先入観で臨んだのですが、海水は思いの他暖かく撮影に専念できました。
冬のゴールドコーストも、いいですね。
また機会があったら、是非ご一緒したいと思います。
本当に色々有難うございました。
又、お会いできるまで!
(カメラマン 永田英俊様)
 
 
【オーストラリア、ニュージーランドで撮影をご検討の制作会社の方へ】
オーストラリア、ニュージーランドには、豊富なロケーションやバリエーションの効いた建物がございます。
弊社ではロケーションが重要なCMや写真集をはじめ、建物専門番組なども手がけており、様々なロケーションアイデアやサンプル画像をご用意しております。
海外ロケ企画で、具体的なロケーションに困ったら、お気軽に弊社は東京オフィス(03-5437-5546)・嶋田までご連絡下さい。
東京で直接お会いして打ち合わせが可能です!
SHIMADA
嶋田祐(Yu Shimada)
東京オフィスマネージャー
03-5437-5546