C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

CASIO/SHEEN SHB-100 PV

CASIO/SHEEN SHB-100のPVの撮影コーディネートをさせて頂きました。

 
時計の特徴が2つの国の時間をスマホと連動して表示することができるということから、家族や友達、恋人、同僚とも時計を通じて2つの時間が繋がっているということを描いたストーリーのPVです。

■トラム内での撮影!哀愁漂います。 ■お洒落なオフィスシーン! ■メルボルンの象徴!フリンダース駅。

 

コーディネートポイント1:予算を考慮したロケーション提案


『予算が無いが実現出来るか?』というご相談からのお問い合わせでした。
実は他社からは「実現は厳しい」という声があったようですが、弊社では御希望を踏まえた上で予算内で実現できるロケーションの提案をご提案させて頂き、ロケが実現しました。多数のロケーションが必要でしたが、それぞれのロケーションの細かい御希望に合わせてご提案出来たかと思います。

 
 

コーディネートポイント2:現場での予算管理


上記の通り、予算を常に意識する必要がありましたので、
現場でも予算も意識して作成した撮影スケジュールの進行をしつつ、必要に応じてスタッフを早くバラしました。
日本のスタッフ、現地スタッフの協力もあり、効率のいいスケジュールで進められ
ました。
 

担当コーディネーター

■ラインプロデューサー/チーフコーディネーター
冨永宏(Hiroshi Tominaga)

■プロダクションマネージャー
ロニー(Veronique Golledge)

 
 

オーストラリア、ニュージーランド撮影をご検討されている制作会社の方へ


コーディネート業務の中で『現場対応力』と『予算管理力』も、非常に重要な部分であると思っております。これらは作品完成に向けて意欲に加え、数多くのコーディネート経験を通してより磨かれていきます。


弊社は今年(2018年)、会社設立29年目となります。

海外ロケ経験豊富な制作会社の方にも、はじめての制作会社の方にも、29年の実績と経験から、お役に立てるアイデアをご提供出来ると思います。


オーストラリア、ニュージーランドでの撮影をご検討の際は、お気軽に弊社は東京オフィス(03-5437-5546)・嶋田までご連絡下さい。
東京で直接お会いして打ち合わせが可能です!
SHIMADA
嶋田祐(Yu Shimada)
東京オフィスマネージャー
03-5437-5546