C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

Earth Walker 2017 奇跡の島タスマニア ~「赤い海」が守る”太古の生命”~

【BSフジ】Earth Walker 2017 奇跡の島タスマニア ~「赤い海」が守る”太古の生命”~の撮影コーディネートをさせて頂きました。
滝川クリステルさんのドキュメンタリーシリーズ第7弾。
今回のロケはオーストラリアタスマニア島。“進化することを自ら止めた動物たち”に接し、そこに隠された“生き抜くための知恵”を学ぶという内容です。

  
《コーディネートポイント1》赤い海「バサースト湾」
バサースト湾はタスマニア南西部のサウスウエスト国立公園内にある水面が赤い海です。
この海が興味深いのは、赤い水が光を通さないため、水深わずか5mが普通の海の深海に相当し、深海魚や深海ならではの生物を潜って観察することができます。
変わった海ということもありアクセスも悪く、ロケを行うのも大変な場所です。加えて、今回のロケ時期がバサースト湾のベストシーズンでは無かったのですが、今回はバサースト湾の研究をしている専門家を起用し、万全の体制でロケを行いました。
 
《コーディネートポイント2》タスマニア全土でのロケ
バサースト湾、ホバート、クレイドルマウンテン、ローヘッドなどなど、今回はタスマニア全土に渡る壮大なロケとなりました。
そんな移動の多い行程の中だったのですが、実はロケが始まってから、天候の関係で組んでいたスケジュールを全て組み直す必要がありました。
現場での対応はロケには付きものです!各所の親切な対応にも助けられ、問題なくスムーズな進行が出来たかと思います。
 
《コーディネートポイント3》過去の実績と関係性
絶滅してしまったタスマニアタイガー探しも行いました。このタスマニアタイガーは、現在でもまだ沢山の目撃情報が寄せられており、弊社で過去に同様のロケは行ったことがありました。
前回ロケした際の関係者やその方達から新たな方を紹介してもらうなど、過去の実績と関係性は大きく役に立ちました。
   
 
ちなみに、、、
モールクリークのホテルでは「タスマニアタイガーパイ」(写真参照)が新発売されていました。このホテルのバーには目撃者が集まる場所なので、今後、タスマニアタイガー探しのロケの際に食べてみては!?

 


 
【オーストラリア、ニュージーランドで撮影をご検討の制作会社の方へ】
弊社では今までも多くのタスマニア島ロケを行っております。そして今回のタスマニア島全土に及ぶロケを行ったことで、タスマニア島全土の最新情報を多く入手しております
タスマニア島ならではの生物や出来事だけではなく、世界遺産に登録されている原生地域をはじめ、オーストラリア本土とは異なるロケーションが多く存在しております。
テレビ番組からTVCMに至るまで、タスマニア島での撮影に関しては、お気軽に弊社は東京オフィス・嶋田までご連絡下さい。
東京で直接お会いして打ち合わせが可能です!
SHIMADA