C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

世界ふしぎ発見!/絶景ハンティングジャーニー インド洋の色を撮る!

【TBS】世界ふしぎ発見!/絶景ハンティングジャーニー ミステリーハンター インド洋の色を撮る!の撮影コーディネートをさせて頂きました。

 

大西洋と太平洋の間に広がる紺碧のインド洋。セーシェル、モルディブなど美しいビーチリゾートや絶景の宝庫ですが、そんなインド洋で今回、ミステリーハンター・依吹怜さんが追ったのは極彩色に溢れる色の世界!

その中で弊社ではオーストラリア領のクリスマス島にて、【赤色担当】として、「真っ赤なアカガニの王国」をロケしました!

■至る所にカニ、カニ、カニ!!

■綺麗なインド洋!

■インド洋に沈む絶景の日の入!パースにて!

 

コーディネートポイント1:現地スタッフとの良好な協力関係

 
クリスマス島のカニの大移動は、毎年、11~1月の時期に起こる現象ではあるのですが、毎年期間が異なります。移動が始まる前に雨が降る必要があるなど、その年の天気によって大きく左右される為、確実な日程を予想することは非常に困難を極めます。とにかく、現地の専門スタッフとの協力関係を整え、密にコンタクトをとることが極めて重要になります。弊社では過去のロケ実績もあり、現地のスタッフとも良好な関係性が出来上がっていた為、今回もすぐに協力体制を整えて現地の状況を把握して、ベストなロケ時期を見極めました。自然の現象なのでギリギリまで分からない部分もありましたが、結果的には見事に移動から産卵のシーンまで撮影することができました!  
 
 

コーディネートポイント2:過去の経験

 
弊社ではカニの大移動、及び産卵のロケ実績はあったのですが、実は今回は今までとは違うロケーションでの撮影を行いました。今回の場所の方がカニが多かった為です。当初の想定とは異なりましたが、カニの状況を見て、現地での情報も集めながら、現場での咄嗟の判断出来たことが功を奏しました。今までとは違う場所でも対応出来たことは確実に過去の経験が活きました。やはり変化に対応しながら進めることの大切ですね!

 

 

 

ミステリーハンターのロケ現場 “SNAPSHOT”

 
 
伊吹怜さん

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

依吹 怜さん(@ibukirey)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

依吹 怜さん(@ibukirey)がシェアした投稿

 

担当コーディネーター
■コーディネーター
鍵山健二(Kenji KAGIYAMA)

 
 

オーストラリア、ニュージーランド撮影をご検討されている制作会社の方へ

 
弊社では、撮影現場と同じくらい、リサーチを重要なコーディネートポイントと考えております。そして、リサーチをする上で、専門家、現地スタッフ達との強固な関係性は非常に重要です。

その理由として、昨今の制作はロケ期間だけではなく、リサーチ期間も短くなっており、その少ない時間のなかで、専門家から得られる情報は信頼性が高く、的確なアドバイスを頂けるだけではなく、本当に辿り着きたいゴールへ短時間で到達することが出来るからです。


コーディネート会社のリサーチ力の重要なポイントは、多種多様な専門家・専門機関へのコンタクトを持っているか、そして彼らと親密な関係性を持っているかです。


これまでのコーディネート実績で構築してきた専門家達との関係は、弊社リサーチ力を強力に後押ししてくれています。

また、弊社ではリサーチ専門のコーディネーターが常勤し、お問い合わせのあったリサーチはもちろん、日々様々な情報を収集しております。
 

オーストラリア、ニュージーランドでの撮影をご検討の際は、
お気軽に弊社は東京オフィス(03-5437-5546)・嶋田までご連絡下さい。
東京で直接お会いして打ち合わせが可能です!
SHIMADA
嶋田祐(Yu Shimada)
東京オフィスマネージャー
03-5437-5546