C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

池上彰スペシャル /絶対に負けられない2016!世界と闘う日本

池上彰スペシャル /絶対に負けられない2016!世界と闘う日本の撮影コーディネートをさせて頂きました。
WAGYU03_Fotor
弊社が担当した企画は『世界に誇る日本の極上食材を守る戦い!日本産和牛VS外国産WAGYU』
「WAGYU」とはいわゆる日本国産「和牛」ではなく、和牛の遺伝子をもつオーストラリアで育てられた牛のことで、そのお肉はオーストラリア国内は元より、世界各国の高級レストランで大人気となっています。
今も昔も、日本から生きた和牛をオーストラリアに輸入することはできません。
ではなぜ、どのようにしてオーストラリアでWAGYUの生産が始まり広まったのか?
そしてどのような理由でオーストラリア産WAGYUは、世界中から注文が殺到しているのかについて取材を行いました。
このロケではオーストラリアWAGYUを生産している牧場を取材。
また、オーストラリア全土から総勢400名近くのWAGYU産業関係者の集う1年に1度の全国WAGYU会議に参加し、関係者のインタビューを基に疑問を紐解いていきました。
さらに、オーストラリアWAGYU協会加盟の生産牧場だけではなく、独自にWAGYUを育てている牧場にも取材を行いました。
取材を通して、日本とオーストラリアの文化や環境の違いのなかで、独自に進化をとげて世界に広まったオーストラリア産WAGYUに迫ることが出来ました。
 
《コーディネートポイント》幅広い取材対象のリサーチと選定
今回はドキュメンタリー要素が強い番組であり、正確でより多くの情報量は非常に重要でした。全国のWAGYU生産牧場、輸出業者、レストラン、街のお肉屋さんに至るまで、幅広いリサーチを行い取材対象を選定していきました。
どの取材先も非常に協力的で、この取材の為の準備段階での関係性作りに加え、取材を通しても関係各所とさらに良好な関係作りができました。今後もオーストラリアの「WAGYU」に関して取材協力をしていいただけると思いますので、取材をご希望の方は弊社までお問い合わせください。
WAGYU01_Fotor
 
《お客様の声》

丁寧な見やすいロケスケジュール、現地の資料などがまとめられたファイルを渡された時は、感動しました。

長期ロケでしたが、とても楽しい充実したロケになりました!

                       (ディレクター 多田美保様)
 
WAGYU02_Fotor
 
【ロケをご検討の制作会社の方へ】
弊社は、取材先との良好な協力関係作りを心がけて、事前リサーチや現場対応を行っております。
また、テレビ番組企画リサーチから広告用ロケーションリサーチまで、幅広い内容に対応出来る様にリサーチ専門スタッフも常勤しております。
オーストラリア、ニュージーランドでの撮影をお考えの際は、是非お気軽にご相談下さい。
東京スタッフと東京で直接会って打ち合わせをすることも可能です。弊社東京オフィス・嶋田までご連絡下さい。