C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

両親に贈りたい旅/オーストラリアの世界遺産と大人気観光スポットを巡る

【BS朝日】両親に贈りたい旅〜オーストラリアの世界遺産と大人気観光スポットを巡る〜の撮影コーディネートをさせて頂きました。
okuritai03_f okuritai02_f okuritai01_f
海外旅行に不慣れな両親の負担を解消しつつ大満足が得られる旅のプランを提案する、というテーマの元、今回は村井國夫さん・音無美紀子さん夫妻がオーストラリアのケアンズにてロケを行いました。
 
《コーディネートポイント1》番組テーマに合わせた入念なリサーチ
『海外旅行に不慣れな両親の旅』がベースにあるため、出来る限り日本語が通じるエリアを巡ることになりました。その為、ロケ先としては『人気の場所』や『目新しい場所』ということだけではなく、『日本語を話せるスタッフがいるかどうか?』という点でのリサーチも必要でした。
番組テーマに沿って、いつも以上に細かいリサーチを行う事で、丁寧な番組作りに繋げることが出来たと思います。
 
《コーディネートポイント2》現場での臨機応変な対応
今回、ロケ現場での予定変更がいくつか発生しましたが、その度に現場で臨機応変に対応しスムーズにロケを進めることが出来ました。
事前のリサーチ段階で、代替案をリサーチしたうえで現場に臨んだことが大いに活きました。
 


 
【お客様の声】
CPさんには、度重なる予定変更にも関わらず、忍耐強く対応してくれて感謝しています。人柄もすごく良くてロケが明るくなりました。
オフ時の食事や休憩も、ケアンズ在住の日本語ができるドライバーさんがいてくれたおかげで大変助かりました。
(ホリプロ ディレクター 荒木俊雅様)


 
【オーストラリア、ニュージーランドで撮影をご検討の制作会社の方へ】
テレビ番組の撮影では、ロケ現場において撮影内容や撮り順の変更が発生することがあります。
様々な要因によって生じるの予定変更に対してコーディネーターには臨機応変な対応が求められるのですが、この対応をスムーズに出来るかどうかの重要なポイントは、リサーチ・準備段階で現場での予定変更を想定し、代替案を織り込んでおくかどうかです。
弊社ではリサーチ・準備段階から代替案やスケジュールの別プランなどを想定してロケに臨むよう心がけております。
オーストラリア、ニュージーランドの撮影に関しては、お気軽に弊社は東京オフィス・嶋田までご連絡下さい。

弊社は東京オフィスがあり、東京で直接会ってお話を伺うことが可能です。
SHIMADA