C.P.INTERNATIONAL
CPINTERNATIONAL 27th ANNIVERSARY CPインターナショナルは27周年を迎えます

1998年に開設した『東京オフィス』が、2018年に20年目を迎えます。
東京で直接お会いして、打ち合わせをすることが可能です(担当:嶋田)

オーストラリア・ニュージーランド
撮影コーディネートプロダクション

世界の何だコレ!?ミステリー/UMAが出現!?目撃エリアを直撃SP

【フジテレビ】世界の何だコレ!?ミステリー/そこで何があった!?世界を騒がせた謎を直撃SPの撮影コーディネートをさせて頂きました。

 
今回のテーマは『UMAが出現!?目撃エリアを直撃SP』にて、オーストラリアのビッグフット、体長1.5m~3mといわれる獣人「ヨーウィ」の撮影に成功したというヨーウィハンターを直撃取材しました。実際に撮影されたという現場の山へ行き、ヨーウィの大好物だと言われるリンゴを仕掛けて、夜間にカメラをセッティングしたり、インタビュー撮影などを行いました!

■ヨーウィの看板! ■ドローン撮影も行いました! ■シュール。。ヨーウィのティータイム!?

 

コーディネートポイント1:現場スタッフとオフィススタッフの連携

 
今回は内容的にも、ロケ現場に行かないと分からないことも多く、ロケの進行と共に急な変更が多々ありました。そこで現場スタッフとオフィススタッフが連携し対応しました。ロケ日数を増やすこともしましたが、問題なく進行出来ました。
撮影現場は、現場コーディネーターだけではなく、オフィススタッフによってもより円滑に進められる様に心掛けております。
 

コーディネートポイント2:山登りの準備

 
ロケーションが山の奥地だったのですが、そこまでに辿り着くのに1時間以上、山道を移動する必要がありました。
そんな場所でもロケをスムーズに進める為、荷物管理の専用スタッフを起用するなど、万全の体制でロケに臨みました。

 

【オーストラリア、ニュージーランドで撮影をご検討の制作会社の方へ】


『現場のコーディネーター』と『オフィスのリサーチャー』の連携が弊社の特徴のひとつです。


撮影現場では様々な追加リクエストや想定外の出来事が発生することが多々あります。その際に、臨機応変な対応が撮影コーディネーターには求められます。加えて、弊社ではオフィス常勤のリサーチ担当のリサーチャーが常に現場からのリクエストに対応し、現場コーディネーターをフォローしております。

弊社の現場での臨機応変な対応は、現場コーディネーターとオフィスリサーチャーの連携によって実現しております。
 

オーストラリア、ニュージーランドでの撮影をご検討の際は、
お気軽に弊社は東京オフィス(03-5437-5546)・嶋田までご連絡下さい。
東京で直接お会いして打ち合わせが可能です!
SHIMADA
嶋田祐(Yu Shimada)
東京オフィスマネージャー
03-5437-5546